2014年10月27日

演劇人祭特別篇

歌舞伎座で開催された「演劇人祭 特別篇」
5年に一度開催されているものだけれど、今年は松竹が歌舞伎座で歌舞伎興行を始めて100年、宝塚が100周年ということで、4年目に特別篇として開催されることに。
歌舞伎座は、女性で占拠されとりました。ちえさまファン、どれだけいるねん!

share_tempory.jpg


Fotor_141444577567277.jpg 45分ほど前に友人と待ち合わせをするので到着したら、歌舞伎座の前で植爺にばったり。
入場するのに並んでいたら、小林公一理事長が2人前に並んでおられた。
歌舞伎座なのに宝塚していて、うれしくなっちゃった\(^0^)/



DSC_1756.jpg


あきらめていたチケットが、まるでちえ神さまが降臨したかのように手元に降ってきて、行くことができた。
総合司会は檀れい。美しい…

まずは座談会が約50分。
出席者の共通項として海外公演がテーマに取り上げられた。
コーディネイター役をしていたのは、世田谷パブリックセンターの永井多恵子さん。
やはりツレちゃん、トークがうまい!
パリ公演では、テレビに招かれて出演したときに、いじわるな司会者に「レビュー本場のパリに、よくも日本からレビューを持ってきたな」といきなり先制パンチ。それに対して、「ものすごく勉強して、お稽古してもってきた。あなたたちも、勉強して歌舞伎を日本に持ってきたら?」と返したら、司会者が二の句をつけなかった。やるなあ〜。

それ以外にも、布で波を表現する舞台をやったら、拍手喝さいだったとか。日本じゃ、どうってことないのに。
なにかを披露する前に日本では、まず拍手をするけれど、あちらでは終ってからが基本。
上級生と下級生の上下関係も、今日の檀れいが直角にまがって、よろしくお願いしますのあいさつに来たのを、がんばってねと鷹揚に返したとか。。。楽しませてくれました。
植爺は、檀れいの中国公演のときの人気のすごさに驚いたと引き合いに出していた。
海外公演は女性ばかりで大変でしょうという永井さんに、「音楽学校のときから団体で鍛えているから大丈夫」とのこと。

松竹副社長や梅玉さんの話は・・・・素通りしちゃった。すんません、ヅカファンなもんで…(笑

玉三郎さまと中車さんの「瞼の母」の朗読劇は、聞かせていただきました。
忠太郎、かわいそう・・・
でも、9歳のときに死んだと聞かされてきた母にしたら、今、穏やかな日をここでもうけた娘とともに過ごしているのに、本当かどうかもわからず、いきなり来られても抱きしめるわけにはいかない。それも渡世人になって現れた息子を。母には母の事情があった・・・
今なら、遺伝子で判明するのにね。母を恋う忠太郎の心情がものすごく伝わってきた。さすが中車、というより香川照之だったけど。

ここですでに1時間半ほど経過。いつもなら休憩に入るところが、そのまま続行。
いよいよ「宝塚歌劇100 夢紡ぎ続けて」に突入。
ルンルンしていたら、まずは100年の歴史を殿堂とかでやっていた映像で見せられた。
それ、もう、よくわかってますから〜状態のヅカファンたちも、大人しく観る。
歌舞伎座だから、いい子にしてないとね。

そしていよいよちえさまご一行の登場!
袴姿の薄化粧。とってもさわやか〜。
吉田優子先生のピアノで、まずはモンパリ、花詩集(だったかな?)などをことちゃん、ちえさま以外で歌い、毬乃ゆいが虞美人草をソロで。
その後、ちえさまがなんと!越路吹雪の筏流し、こーちゃんファンの我が家にとっては垂涎もの。
この間、バックには当時の映像が映されている。

そして、ベルサイユのばらの大成功が紹介され、ことちゃんがアンドレのセリフを言ったあとに「白ばらのひと」を歌った。これが、もう、なんとも素晴らしくて、聞き惚れました。ことちゃん、すごい!

そして、そして、なんと!ちえさまが最後のダンスを披露。
思わず椅子から飛び上がって喜んでしまいそうだった。

袴姿で歌うちえさまの最後のダンス。そんなものを観て、聴けるなんて…夢にも思わなかった。
来れてよかった・・・しみじみ・・・

が、「最後のダンスはおれぇのもの♫」のところが、ちょっとはぎれが悪かった。
どうしちゃったの?ちえさま。
でも、これは帝劇エリザベートの予告なのか?と勝手な妄想(笑
終わったときの拍手がものすごくて、会場の9割はちえさまファンだと確信。

最後に全員で100周年の式典の歌とすみれの花で終わり。
舞台を一巡して、花道に出て、ちえさまは3階、4階が見切れない場所でちゃんと止まって、いつものように視線を上にも送っていた。

袴姿のちえさま・・・シミュレーションしちゃって、うるうるしてしまった。
次に袴姿をみるのは・・・いや、お正月がある、いきなり3月、5月じゃないはず・・・。
でも、あのお姿で大階段を下りてくる日が…ぐすっ。

宝塚組の出番はあっという間だった。
ここで20分の休憩で、梅若玄祥さんと藤間勘十郎さんの舞踊「花月」と、いよいよ人間国宝、坂東玉三郎さまの「鉤簾の戸(こすのと)」という恋の情緒を描く「艶もの」の代表作の地唄舞に。

花月の方は、能の「花月」から清元による演奏の舞踊作品とやらで、なんだかよくわからなかった。
ただ、勘十郎さんの扇の動きを見ているだけで幽玄の世界に引き込まれそうなことは確か。
先日、能楽堂で観た「桜の森の満開の下」は、この方の企画と演出。なるほど、この世界があってこその、あの世界だったのね、と得心。

そして、ラストを飾ったのが玉さまの地唄舞。
舞台の上に妖気が漂ってましたね。
女というよりも妖女。男でもなく、女でもなく、そういう生き物。
それはちえさまの舞台姿にも通じるものがある。
玉さまも勘十郎さんの踊りにも、ねっとりと重くなった空気を割くような扇や指、手の使い方がある。
ちえさまの指先や振りの動きと重なって見えた。

舞台の上だけに存在する不思議で、たとえようもなく美しい生き物たち。
いいものを見せてもらったひとときだった。
こんな舞台に引き寄せてくれたちえさまに、またまた感謝でした。

さて、いよいよレジェンドに向けて動き出すちえさまなのだ。

演劇人祭は、11月30日0時から1時半にBSプレミアムで放送されるらしい。
2時間50分が1時間半に短縮されての放送。宝塚の部分はカットしないでそのまま放送してね!

DSC_1764.jpg


紅子が急病で出られず。どうした!さゆみちゃん。大切な風共が待っているというのに。
ただ、この日の流れでは、いなくてもまったく大丈夫だった。
いたら、なにを歌う予定だったんだ?
大きな謎が残ったのでありました(笑




posted by 風土倶楽部 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

観劇日記 雪組「伯爵令嬢 ―ジュ・テーム、きみを愛さずにはいられない― 」

あーん、もう、いやーん!
少女マンガの世界が日生劇場の舞台に出現しちゃったじゃないの〜。
何十年ぶりかのこの甘酸っぱい雰囲気。
おばさんは、懐かしいような、恥ずかしいような、いたたまれないような、でも、ずっと観ていたい、なんともあわあわな気分の2時間半を過ごした。

眠くならない!
だって、波乱万丈すぎるんだもん。
なんせ海難事故が3回も起きるんだから。
そのたびに助かっちゃうコリンヌ。
一度はタンカーにぶつかって沈没(連れている猫まで一緒に助かる)、一度は自ら橋から転落(リシャール、目が見えるようになったのに、なぜ飛び込んで助けない!でも、いつの間にか自力で助かったようで、いきなりアランの目の前に現れちゃう。さすが少女マンガだ・・・)、一度は飛行船が炎上して、海に落ちる。それ、普通助からないっしょ。おまけにみんな助かっている。

こんな内容の舞台で、ちぎ&みゆ、一つ間違えると絵空事が空虚になるのに、そのぎりぎりのところをよくぞ!
ベルばらみたいに史実の上にのっかっているフィクションじゃないから、より一層大変。
マンガの世界にリアルをちょこっと持ち込み、夢の世界を展開する。宝塚の真骨頂だな〜。でも、途中はらはらするところもあり。だから、眠気が襲ってこなかったのか?(笑

唐無稽なマンガを舞台で再現するって、つくづく大変な力技が必要だと痛感。
ちぎちゃん、みゆちゃん、お見事!いいトップコンビが誕生だわん。
雪組、いい組だなあ〜としみじみ。

内容は、前述のように突っ込みどころ満載。まあ、少女マンガだからね。
アランがコリンヌにビンタされて一目ぼれから始まる恋物語。
僕のはねっかえり、なーんて少女のころはみんな呼ばれてみたいもの(だったよね?)
リシャールの目は、手術で完治しちゃう。ペルエポックなパリでは、なんだって夢が叶っちゃうのだ。
伯爵のおじい様とお母様は、簡単にころっとアンヌにだまされちゃう。
伯爵家、危うし!少女マンガには必須アイテム。

ひたすらマンガな世界なのかと思いきや、ジャーナリズムに切り込むとは…生田くん、やるなあ。ま、深堀はしていませんけど(笑 あ、生田くんじゃなくて、原作にあるのか?
朝日新聞問題が大きな社会問題になっている今、産声をあげたばかりのジャーナリズムの初々しさが、新トップコンビの熱さによくマッチしていた、ような気がする(笑

舞台がなかなかよく考えられていて、飛行船の事故や海難事故(やたらと事故が多くて、おまけに人が死ぬ…メルヘンな世界なのに。いや、メルヘンだからこそ、か?)がうまく表現できていた。
娘役たちが、海のニンフのようになって海を表現するあたりも、マンガな世界観とマッチしていた。

個別にみると、
キングががんばってた〜。悪役を気持ちよさそうに。
相棒役の有沙 瞳、うまいなあ。もう一人の主役でした。彼女がすべるとアウトな内容だもん。
老け役で執事の真那 春人、この人もうまい!ちゃんと仕事していた。
大がおじい様役!ほとんど歌なし。そして、なんとラストには圭子さんとデュエット。それってさあ〜・・・(笑 でも、そこそこ新境地を開拓できていた。
その圭子さんの歌、聞いているだけで涙が出てくるほど。すごい人材だ。
夏美さんの侯爵も、安定の演技で盛り上げてくれる。
煌羽 レオが、私の目には目立ったなあ。
ともみん、ステキだった。かすかにドキドキした(笑 スタイルがいい人なんだとあらためて思った。
しょうも、中途半端なリシャールの役をうまく存在感を出していた。、

ちぎちゃんの壁ドン、後ろから抱きしめ、ベッド押し倒し、かなり思い切ってやっている。もう少しだけ体格がよかったら、もっとドキドキするんだけどなあ。でも、ステキだった。ルパン、大丈夫!と確信。

そして、そして、みゆちゃん。逸材だわ〜。娘役をいつまでも観ていたいと思わせられるなんて。
かわいいし、変幻自在だし、ちぎちゃんにちゃんと合わせられる。すごい娘だ!
これから、どんどん新しい顔を見せてね!

マンガを人間がやる、それも舞台で。
こんなことを実現できるのは宝塚だからこそ。
舞台に密度があるから、ウソも楽しめる。
ウソがほころぶことなく、2時間半。特にアラン&コリンヌの役作りは相当に難しかったと思われる。
きゃっ!となるほどあまーい作品だけれど、宝塚、レベル高い!

DSC_1718.jpg


外に出ると5時すぎでもう真っ暗。
宝塚大劇場には、ちえさまのポスターが!
1か月後だ〜。

DSC_1719.jpg



posted by 風土倶楽部 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

観劇日記 「綺譚 桜の森の満開の下」

セルリアンタワー能楽堂にて「綺譚 桜の森の満開の下」を観劇。
坂口安吾の短編「桜の森の満開の下」を藤間勘十郎が構成・演出。

DSC_1696.jpg


登場人物は3人だけ。
中川晃教が山賊、市川ぼたんが女、いいむろなおきが、パントマイムで狂言回し役?

生首がたくさん出てくるおどろおどろしい話なんだけれど、「桜の森の満開」という言葉だけで紡がれる世界観が美しく、はかなげで、華やか。ただ、言葉だけなのに…。

桜の花が咲き乱れているほんの短い間の、あの心を騒がせる感じと、たとえようもない孤独がなぜこんなにマッチするのか。命とはそういうもの?

とても意欲的な構成と演出で、始まったときから、胸騒ぎのようなものが迫ってきた。
能舞台というのは、もともと幽玄の世界への窓口だから、もうその空間に足を踏み入れたときから、気分が変わる。能は寝てしまうので、苦手だけれど、能楽堂はとても好き。身を浸していると心が休まる。

鼓とドラや太鼓で一人、笛で一人、二人の女性が音楽を担当。
これがなんともいえない効果をもたらしていて、どんどん世界観に引きずり込まれる。

いいむろなおきのパントマイムで始まるのも、その思いに拍車をかける。
市川ぼたんの美しさは、まさに幽玄の世界にぴったり。
生首をほしがる絶世の美女。それぞれの心に棲む鬼とは、このように美しいものなのか?

中川晃教だけが現代的な風をもっていて、能役者や歌舞伎俳優ではないことが現代のわれわれとの架け橋となって、身近に感じられる。会場は、中川ファンが多いのか、女性客が大半だった。

能楽堂は300人ほどのキャパ。
舞台装置が簡素で、音楽も二人だけだから、シンプルなんだけれど、奥行きが深い。
このキャパで、この内容を味わえるのは、ある意味贅沢だと思った。

文化庁芸術祭参加公演。
能楽堂での意欲的なお芝居を、もっとやってほしい。

DSC_1697.jpg



posted by 風土倶楽部 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

観劇日記「道化の瞳」と十月大歌舞伎夜の部

食わず嫌いだと、ものすごく損をしているかもしれない…と、誘われるとつい重い腰をあげてしまう。
そんな公演が2つ続いた。

2つとも悲しすぎる物語だった。

ひとつは、友人に誘われて行ったシアタークリエの「道化の瞳」
そもそも道化というのが、ちょっと苦手なアイテム。

で、やっぱり苦手だった…(笑

お話は、ガンで入院している少年が主役で、彼が入院している病院のスタッフと盲目の母親の心情をつづったもの。
どうして、難病なうえに、母親まで盲目という不幸を重ねる設定にするのか。
人のやさしさと、人には必ず役割があるということをテーマにしているのだけれど、悲しすぎるなあ。
ラストには、鼻をすする音が会場に満ちていたけど、私は泣けなかった。

劇中劇まで悲しすぎて、悲惨すぎて…。
どうしてこんなに人は泣きたがるのだ?

元ジェンヌのゆみ子(彩吹真央)さんと、れみちゃん(白華れみ)は、ステキだった。
ゆみ子さんは、もうすっかり女優だなあ。それも癒し系。
男役の匂いがしない。
昨年、観た「ロコへのバラード」と似たキャラクターだった。

もうひとつの公演は、10月大歌舞伎夜の部。

DSC_1569.jpg菅原伝授手習鑑
道行初音旅
鰯売恋曳網

手習鑑が、これまた悲しい。
忠義のためにわが子を主君の子供の身代わりに差出し、切られた首を父親が主君の子供だと証言するというのも。

どんなに忠義ものだといっても、子殺しはあかん。
ぜんぜん受け付けない。
おまけに首実検で、小さな子供の首が出てくる。

血なまぐさすぎる…。

悲しすぎて、泣けない!

会場は、すすり泣きが満ちていたけど。
歌舞伎通の友人によると、これは型を楽しむ演目なんだそうな。

理解不能。

まあ、江戸時代や戦国時代にはあったことだとは思うけど。
が、歌舞伎のわけがわからんところは、時代考証がめちゃめちゃなこと。

いったい何時代なんだ?
武家の女がお引きずりで着物を着ている。NHKの大河ドラマでも、なかなか出てこない着方。

最後の鰯売が面白かった。三島由紀夫作。
明るくて、ばかばかしい話で、力が抜けまくった。
歌舞伎って、本来、大衆のものだから、この程度のかるーい感じがいい。

七乃助の女形が、とーっても美しかった。
男が女をやると、どうしてあんなに色っぽいのかしら。
宝塚は、この逆なわけで…。

男役、女役、面白いなあ。
歌舞伎は、女形を観るものだね、少なくとも私にとっては。

さて、来週は、いよいよちえさまが、この歌舞伎座の舞台に上がられるのだ。
うふふ。

DSC_1567.jpg






posted by 風土倶楽部 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

宝塚歌劇団 大運動会

運動会2.jpg

なんと幸せな夜であったことよ…涙、涙、涙たらーっ(汗)
100周年で、10年目に星組が優勝するのを目のあたりにできたばかりか、その優勝を言い渡される瞬間のちえさまをオペラ越しとはいえ、真正面でとらえることができた。
星組席をゲットしなかったのは一生の不覚と思っていたけれど、本部席すぐ上の一般席で大正解だった。

DSC_1553.jpg

ううっ…涙たらーっ(汗)

一緒に涙しました。

運動会なんて、どうせ誰が誰だかわからないほど小さくしか見えないし、なにがなんだかわかんないで終ると思っていったのだけれど、

これが、なんと、とんでもなく楽しい超ド級のエンターテイメントだった!

って、ヅカファンでないと、わからないコーフン状態なんだけどね。

ちえさまのぷりぷりお尻をチェックしたり、
ちえさまのりっぱなふくらはぎをチェックしたり、
ベンチから、飛び出て応援するちえさまをチェックしたり、

って、結局、ちえさまばっかり観てたわけで…。

まあ、時折、ちゃんと競技も観ていました、、、よ。

なんといっても、ヅカらしい競技は、ダンシング玉入れ。
玉入れなんだけれど、途中、中断して、ダンスを披露する。
もちろん星組しか観てないわけで…
でも、ねねちゃんをリフトしてくるくるまわるちえさまをみて、絶対、優勝するね、と、あの瞬間に確信。

めでたく玉入れは1位に、綱引きも、ちょっとトラブルはあったものの、めでたく1位。
リレーは2位。
総合優勝は、星組!

よかった、よかった。
こんな楽しいイベントは、もうないかも…

いや、武道館があるではないか!

次は武道館で、またまたヅカ友と盛り上がるのだ。
宝塚は、ちえさまは、アンチエイジングの最強のサプリメントだと、つくづく思う今日このごろ。

来年5月10日から、急に老けこんじゃうかもなあ…。
ちえさま、お願いだから、現役を貫いてね。

運動会1.jpg

運動会3.jpgグッズを買う人で長蛇の列。
ヅカ友がTシャツをゲットしてくれた。
タオルも、発売と同時にヅカ友がゲットしてくれた。
ちえさま団扇も。
持つべきものはヅカ友。

10年に一度と言わず、オリンピックと同じに4年に一度ぐらいやってほしいなあ。

DSC_1551.jpg


posted by 風土倶楽部 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

東海高校カヅラカタ歌劇団海組第12期公演「眠らない男」

行っちゃった〜!
観ちゃった〜!

DSC_1515.jpg

ヅカ友と、妙に盛り上がって、抽選のはがきを出したら、すぐに返事が来た。
東海高校は、愛知県でナンバーワンの進学校。
超エリート学校らしい。

なるほど、さすがにエリートたちでしたね。

DSC_1513.jpg

パンフレットは300円。宝塚のパンフをそのまままねっこ。

DSC_1514.jpg

まず、驚かされたのは、譜面おこしから始めたこと。
180ページにわたる楽譜を一人の学生がDVDを聞いて、オーケストラの楽譜にしちゃった。
それ、普通の高校生には無理でしょ。
自らタクトを振っていましたっけ。

おそるべし、エリート。

そして、ピアニストがすごい。オケを補う、補う。
後半部分なんて、ピアノに聞き惚れてしまった。
それもそのはず、全国の高校生コンクールで2位になっているのだ。
帰りに校門のところで、11月の音楽会で弾くというご本人がチラシを配っていたので、芸大に進学するの?と聞いたら、「いえ、しません」とのこと。たくさん才能があるってステキ!

おそるべし、エリート。。

肝心の舞台はというと…
マルモン役が、あの長いセリフをぜんぜんかまずに、なおかつ、ちゃんと演技をしていた。
今回の役者の中では、一番役者っぽかった。

ナポレオン役は、1幕と2幕で入れ替わるWキャスト。
青年がナポさまを演じるというのは、それなりに面白いと思った。特に1幕は、年齢的に近いから、その部分でリアリティがでる。が、残念ながら、二人とも、もうちょっと勢いがほしかったな。草食系のナポさまだった。肉食系のちえナポさまに慣れたちえさまファンにとっては、物足りない。男の子なんだからさあ…。

ま、エリートだから、草食系・・・仕方がないかもね。

私が一番注目したのが、団長が演じるジョセフィーヌ。
やるじゃないですか。
年上の世なれたオンナの感じが時折ふっと出て、ねねジョセフィーヌを一瞬しのぐ場面もあった。
よくあんなに高い声が出るなあ。

マリー・ルイーズはとっても美しかったし、タレーランは完全みっちゃんコピーで見せてくれた。
あの宝塚の豪華な舞台をどんなふうにやるのかと興味津々だった。
場面展開は、当たり前だけれど、周り舞台などないからカーテンだけ。それでも、間のびしながらも、最後まで飽きさせずに見せてくれた。
全体に思っていたよりも完成度が高かった。

そして、一番驚いたのは、ちゃんとフィナーレまでやること。
↓ラインダンス。

DSC_1519.jpg

この公演にいったいどのくらいの時間を費やしているのだ…。
それを許しているばかりか、全面協力している親たち。

おそるべし、エリートたちと、その家族…母たちの力が大きい、とみた。

最後に原作者の小池修一郎氏が檀上に登場。

DSC_1528.jpg

昨年も来ようとしたのに、台風にはばまれ、公演が中止になり、すごすごと帰ったそうだ。
こんなに全力で再現しようとしてくれるなんて、やっぱりうれしいよね。

顧問の久田先生は、「宝塚ファンの人たちに喜んでもらえるのが一番うれしい」そうだ。

DSC_1532.jpg

はい、宝塚ファンとして、しっかり楽しませていただきました。
観ているうちに、やっぱりええ作品やん…音楽もええやん…あ、ちえさま…ちえナポさま……
結局、ちえさまを思い出し、懐かしくてたまらなくなり、ちえさまを観たくなり、ちえさまの歌声を聴きながら帰路に着いたのでありましたっ!

東海4.jpg

会場は平面だから、ちょっと見ずらい。満席だった。

東海5.jpg

廊下で音響スタッフが頑張っていた。2幕でナポレオンのマイクが故障していて、ちょっと残念。

東海3.jpg

校庭にわざわざ展示してあった。ナポレオンの紋章にはミツバチが必要なんだけどなあ。残念。

東海1.jpg

美しいマリールイーズとタレーラン。

東海2.jpg

出待ちのみなさんと。

東海6.jpg

Tシャツまで真似っこしてる〜(笑

posted by 風土倶楽部 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

宝塚大劇場「The Lost Glory 美しき幻影」「パッショネイト宝塚」

6回目を観劇。
今回はSS席。6回のうちで、一番ちえさまに近づくことができたお席。
夢のような空間で、ひたすら息をするのも、瞬きするのも、もったいなく観ておりましたっ!

DSC_1477.jpg

ロスグロは、とど様主演にようやく慣れることができた。
まあ、仕方がないよね、と。
でも、とど様のカマキリみたいなふわふわした動きが気になっちゃって。
あれはタメなんだろうか…。

ちえさまは、登場シーンから、言うことなし。ひたすらかっこよく、悪くて、素敵で、くらくら。

でもね、ディアナと話すあたりで、ちょっと眠気が…。
あ、これから、とど様との勝負シーン、しっかりしなければ!と自分にカツを入れた。

やはり、あの結末は、どうしても、とってつけた感があるのよねぇ…。
ロナルドの狂気は、十分予測できたはず。
銀橋の上でロナルドを馬鹿にして、高笑いするシーン(ちえさま、素敵♡!)があって、十分伏線になっているからこそ。
ショーヴラン的な終わり方だったらよかったのに。

1920年代の勢いや、その時代の空気感は、舞台装置や音楽でとってもよく表現できていると思う。

まあ、今回のお芝居の方は、パッショネイト宝塚を観るためのおあずけ時間みたいな感じかな。
パッショネイト宝塚は、始まりから終わりまで息もつかせぬ充実度。
稲葉先生、素晴らしい!
ちえさまのオーラを存分に浴びさせてくれるショー。いうことなし。
カポエイラをはじめ神々しいまでのオーラ!
大満足!


posted by 風土倶楽部 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする