2015年01月06日

観劇日記 モーツァルト

1月3日に梅田芸術劇場で「モーツァルト」を観劇。
そもそも観ようと思ったのは、REON2でちえさまが1幕の最後に「影を逃れて」を歌っていたから。
それが素晴らしくて、どんなミュージカルなんだ?と興味を持った。
たまたま3日のマチネしか日程が空いてなかったので、山崎モーツァルトでソニン・コンスタンツェのバージョンになった。

結果として・・・
モーツァルトの苦悩がぜんぜん伝わってこなかった。
ちえさまのモーツァルトは、あの1曲だけで苦悩が伝わったのに。
なぜ・・・

全体を通して音楽はなかなかいいんだけどなあ。
というわけで感想というほどのことも書けない状態。
観たという記録にとどめる。
阿知波コンスタンツェの母が憎々しくてよかった(笑

これで13000円かあ。
舞台も地味だしね。
それ、宝塚を観すぎよ(笑

DSC_2456.jpg


ラベル:ミュージカル
posted by 風土倶楽部 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする