2015年06月11日

新国立劇場「東海道四谷怪談」

ちえさまの「プリンス・オブ・ブロードウェイ」のチケットを無事ゲットでき、ひとまず落ち着きました。
梅芸の会員を3年もやっているのだから、当選して当然なのだ(笑
今回は、お高いチケットなので2回を予定。

先週の日曜日はファンクラブの解散式が帝国ホテルの一番広い宴会場「孔雀の間」で開催され、久しぶりに生のちえさまを拝んできた。

やっぱりステキ、かわいい、いやん、かっこいい、あ〜、かわいい・・・という感情が交錯する1時間ほどだった。英語の勉強に勤しんでいるちえさま。うきゃっ!
7月ごろから3か月もNYに行っちゃうとのこと。
NYに行っても、会えるわけじゃないけれど、行きたいなあ・・・

というわけで、ちょっと落ち着いたので、久しぶりに宝塚ではない観劇に出かけた。

DSC_3805.jpg

以前から、四谷怪談はちゃんと観たいと思っていたので。
かなりワクワクして行ったんだけど・・・

寝てしまった・・・

なんだかくどいんだもん。
これは鶴屋南北の脚本がくどいのか、今回の脚本と演出がくどいのか・・・勉強不足でわからない・・・

伊右衛門はマザコンなのね。
彼の善悪の基準がよくわからない。
そして、お岩の愛情の価値観も。

どうやら、原作はお岩が武家の考え方に捉われ、フリーダムな伊右衛門と対照的になるらしい。
今回の演出は、あまり武家とか町民とかにこだわっていないため、登場人物たちの立ち位置がわかりにく。
その分、普遍性が出てくるという面もあるかと思うけれど、ちょっと消化不良だったんじゃないのか。

舞台の上でやっていることが時々わからなくなる。
それって、私の理解力が衰えている・・・からかもしれない。
いや、その可能性大。

舞台装置は、とてもシンプルで、一枚の大きな壁を有効に活用していて、行燈の明かりが江戸時代との橋渡しをしてくれる。黒子の使い方も、面白く、楽しませてくれる。
なのに・・・眠くなる。

なぜ?

途中で、物語自体がどうでもよくなってしまった。
お岩は、あれだけの裏切りにあったんだから、そりゃあ恨むよね。
で、終わっちゃった・・・

怪談なのにぜんぜんコワくない。
演出に目を奪われすぎて、登場人物たちの心情を斟酌している暇がないから?

うっちー(内野聖陽)は、一昨年の「おのれナポレオン」以来。
なんかいつ観ても、うっちーだな。上手いんだけど・・・
とっても上手いんだけど・・・うっちーなのよ。

なんだか妙なフラストレーションがたまって、歌舞伎でちゃんと観たい、観なければ、と思いながら帰路についた。

芝居を観るときに、気持ちがちえさま仕様になってしまったから、うっとり機能がないとダメなのかな。
あ〜、ドキドキしたいよ〜。




posted by 風土倶楽部 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。