2018年03月24日

「グレーテスト・ショーマン」「KU-KAI」

「グレーテスト・ショーマン」
サーカスは、人間の祝祭だったんだ。
ほとんど情報を得ないで見たので、すごくハラハラしたし、ワクワクしたので、エンターテイメントとして、とても楽しめたけれど、どうも私は「ら・ら・ら・ランド」の制作スタッフとは、どこかマッチしないみたいで、大感動という感じではなかった。
一番ほ〜💛となったのが、美しい女優陣。
バーナムの妻のミシェル・ウィリアムズ。見ているだけで心が温かくなるような美しさ
オペラ歌手のジェニーは、レベッカ・ファーガソン。見ているだけでうっとりする美しさ
ブランコ乗りのアンは、ゼンデイヤ。見ているだけで惹きこまれるエキゾチックな美しさ
いやはや、オトコでなくても、目の保養ですがな
それだけで十分楽しめましたっ!
サーカス団のメンバーが、なんとなくスターウォーズに登場するいろいろな星人みたいで、あまり人間ぽくなかった。みんな違って、みんないいは、SWで十分味わっているので、あえて、ま、いっか、みたいな感じ(笑


「KU-KAI」
字幕で見たかった。染谷くんが、せっかくモノにしていた中国語のセリフで見たかった。
なぜ、そのバージョンをやってくれないのかしら。

空海が大活躍するものの、なんとなく思っていたストーリーではなかった。
楊貴妃の死の謎を解きながら、空海が成長し、恵果と出会うのは、予想通りだったんだけれど、こんなに黒猫が主役だとは…(笑)
タイトルを見たら、「妖黒猫傳」となっているではないの。

美しき王妃の謎なんて、副題でもったいぶらず、「楊貴妃の死の謎」にした方が注目されたのではないかしら?

仲麻呂の阿部ちゃんの存在が、ちょっとわかりにくい。いないと、ラストにつながらないんだけど、唐突に出てくるし、日本人が目撃する意味ってあるのかな。

というわけで、王妃の謎は解けたけれど、映画のストーリーの謎が深まったので、原作を読むことにした( ´艸`)

監督のチェン・カイコーとえいば、「さらば、わが愛/覇王別姫」
この映画は、忘れられない、思い出したくない思い出ある。
と言いつつ、つい中国映画には惹かれて、見てしまった。
もうちょっと気取った映画なのかと思ったら、カンフー映画っぽいエンターテイメント映画だった。

楊貴妃って、あんなイメージなのかなあ
とてもフレンドリーで、誰にでも優しい人だったように描かれていた。
あのキャラなら、オトコたちにいいようにされちゃったよね〜(笑)


posted by 風土倶楽部 at 14:54| Comment(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

「シェイプ・オブ・ウォーター」「ウィンストン・チャーチル」「ダンケルク」「羊の木」

飛行機の中で4本を鑑賞。
思ったよりも、大きな画面だったので、そこそこそれぞれ楽しめた。
4本見たうちの2本がアカデミー賞を受賞して、ちょっとびっくり。

「シェイプ・オブ・ウォーター」2017 (米国)
どこかで見たような既視感満載の映画だな〜と思っていたら、大好きな「バンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロが監督・脚本・製作だった。
冷戦時代に捕獲された半魚人みたいな生物と、言葉が出てこないというハンデを背負った女性イライザとのラブロマンスという不思議なストーリーの映画。
アマゾンで神のように崇拝されているという半漁人に惹かれていくイライザ。ゆで卵が二人のコミュニケーションを育んでいく。
ギレルモ監督らしく、ちょっとグロテスクで、おとぎ話の中の残酷さを映像化したような大人のファンタジー。おとぎ話なんだけれど、登場人物が、ゲイだったり、黒人だったり、口がきけなかったりのいわゆるマイノリティ。そこに不思議な現象が絡むことで物語が進んでいく。
この映画で一番いいなあと思ったのは音楽。夢の中で聞いているような、懐かしいような・・・
半魚人とイライザのラブシーンが素敵だった。
ラストは、途中から、なんとなく読めた感じで、私は「バンズ・ラビリンス」の方がスリリングだったし、物語が複雑に交差していて、好き。
ラストは、イライザも、半魚人の一族(ぽいちに影響されているなあ (笑))ということを示唆しているのだろうか。もう一度見たくなる映画だ。

作品賞、監督賞、美術賞、音楽賞と4つの賞を獲得。米国映画界も、こういう映画が好きなのね〜
2017年・第74回ベネチア国際映画祭の金獅子賞も受賞している。
旅行に行く直前にテレビで見た「ブルージャスミン」のサリー・ホーキンスがイライザ。
どこかキャサリン・ヘップバーンのようなタイプの女優。ブルージャスミンも、プライドに翻弄されていく女性を冷静に見つめたいい映画だった。

「羊の木」(2017年 日本)
このあとに見たのが「羊の木」で、またしても同じような半漁人が、今度は海の神様として「のろろ」として出てきて、シンクロぶりにびっくり(笑
こちらの神様も、最後はお怒りになっていた。
漫画が原作だということで、どこまでリアルに考えたらいいのかだけれど、それぞれが持つ闇が、日常にふっと煙のように立ち上る瞬間をつないだような映画だ。
錦戸くんの月末という6人のめんどうを見る役割の役場職員が、「ふつう」が歩いているような人で、平和な日常の代表者的な存在。6人のことよりも、気になる木村文乃の演じる幼馴染の文が気になって仕方がないのだ。
一方で、デイサービスに通う父親の世話をしている6人のうちの一人の女(優香)が、父親と恋仲になるというまさかの展開。どうやら女は、そういう性癖をもっているらしい…。おまけに気になっている文は、6人の一人である宮越(松田龍平)と付き合い始めてしまった。どんなに平凡でも、どんどん人の人生に巻き込まれていってしまう。
犯罪者になりたくてなった人はいないわけで…と思いきや・・・
なかなかに面白い展開だった。のろろさまのお怒り、ごもっともです。
人間のなにをみて、どんなふうに付き合うのか。難しいなあ。自分の中に眠っているものも、怖いし…。

「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」
以前から、「ダンケルク」を観たかったのだが、プログラムリストをみたら、両方あったので、まずはこちらから見てみた。
ロンドンに空襲が、かなりあって危うかったというのは知っていたけれど、ここまで連合軍がドイツ軍に追い詰められていたとは知らなかった。ファシズムが、勢いを増し、ひたひたと海岸線を浸食されつつある危機的な状況の中で、チャーチルがリーダーシップを発揮。ヒトラーに降伏しようという意見が政治家たちの中に主流になりかけているときに、ファシズムには屈しないという確固たる信念を持って国を導いていく。
初めて乗った地下鉄の中で、庶民にファシズムと戦うかと聞き、全員のイエス!という反応に勇気を得るシーンが印象的。国を思う気持ちは、政治家が考えているよりも、もっと一般の国民の中にあったということ。
今の日本も、きっと同じ。野党議員のあほさに呆れかえっている国民の方が多いと思う。

「ダンケルク」
こちらは帰りの飛行機の中で見たので、ちょっと切れ切れになってしまった。
途中までは、ものすごいリアルさとスリルで息をのむ展開が続いたのだけれど、イギリスから民間の船がやってくるシーンが、あまりにも迫力がなくて、ダンケルクって、こんな程度で戦局が変わったの?と、ちょっと白けてしまった。
少年が犠牲になったのは事実なのかな?
食事が出たり、アナウンスが入ったりで、頻繁に1940年代の海峡での戦いから引き戻されたので、あまり集中できなかった。

posted by 風土倶楽部 at 12:01| Comment(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

宝塚大劇場 月組公演「カンパニー/BADDY 悪党は月からやって来る」

サラリーマンのたまちゃんと、わるいやつのたまさまの両方を一挙に楽しめるうえ、組子たちが、とっても楽しそうにやっていて、きゃあきゃあしながら、観られるいい公演だ〜!
1粒で2度おいしい、いや、10度くらいおいしい。

るりるりに流し目をがんがん飛ばされ、
ありちゃんのキレのあるダンスとかわいい笑顔にとろかされ、
れいこちゃんのコミカルさに笑わされ、
としちゃんのかっこよさにウキウキさせられ、
ダンス・ユニット”バーバリアン”にドキドキさせられ、
ちゃぴのキュートさにうっとりさせられ、
柔道家たまきちのがたいのよさとバッディのダイナミックな動き(好み♡)にズキュンと撃ち抜かれたり、
もうずっときゃっきゃしまくりの3時間だった。

若返りエキスをしっかり吸収しちゃった。

カンパニーは、石田先生、さすが〜!ヅカファンのツボを心得てはるなあと感心しまくり。
サラリーマンだし、そもそもスーツものは苦手だし…と、ぜんぜん期待せずに観たけれど、とても面白かった。
それぞれの役が、とてもばっちりな適役のうえ、見せ場もあって、組子たちのイキイキぶりが半端なかった。

上田久美子さんのレビューは、斬新な今まで観たことないものだった。
レビューには、だいたいのテーマ性はあるものの、一貫した筋のようなものがあるのは、ボレロとか、ノバボサノバあたりかな。
その路線からも、思い切り飛んでみました的なアプローチで、途中、なんだっけ?みたいなところはあるものの、たまきちの悪役ぶりを追ううちにどんどん引き込まれていった。
たまきち、成長したなあ。男役群舞の部分のダイナミックさに、ちえさまを彷彿とさせるものさえあった。
デュエットダンスも、ドラマチックで、実はこういうのを観たかったのよね〜とワクワクさせられた。

お芝居も、レビューも、かなり実験的な公演なのに、破たんすることなく、両方とも、とてもとても楽しませてもらった。
月組、やるなあ!
posted by 風土倶楽部 at 11:45| Comment(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする