2018年09月12日

月組新人公演「エリザベート」

今年一番ドキドキ期待に胸を膨らませた公演が終わってしまった…
エリザベートを月組が公演すると発表があった日から、ずっとありちゃん(暁千星)トートを絶対観る!と心に決めていた。

お誕生日にありちゃんトートが観られるとは!
なんという幸せ♡

そして、期待通り、いや、それ以上のトートを魅せてくれたありちゃん。
「エリザベート」は、一路真輝退団直後の外部公演で初めて観たときには、なんだかちっとも内容がわからず、ほとんど覚えていない。
8年ほど前に借りたDVDで宝塚版月組のさえこ(彩輝なお)トート、あさこ(瀬奈じゅん)シシィバージョンにはまり、なるほど、こういう物語だったのねとわかったけれど、内容よりも、さえこトートのかっこよさにはまったようなもので、我儘女のエリザベートの変な話だくらいに思っていた。
数年前に花組でみりお(明日海りお)トートを観たときには、チケ難でゲットしたチケットなのに、かなり気が遠くなってしまい、あまり印象に残らず…
一昨年、梅芸で観た城田優トート、おはなさんシシィも、演出がいまいち気に入らず、期待ほどではなかった。

そして、10回目の再演となる今回の月組本公演では、健康的なたまきち(珠城りょう)トート、ちゃぴ(愛希れいか)シシィをとても微笑ましく思ってみた。たまきちは好みだし、ちゃぴのシシィは完璧だし、かなり楽しめた。

が、しかし、こんな真打登場が待っていようとは!

ありちゃんトートは、今まで観たどのトートよりも、人間離れしていて、まさに黄泉の帝王「死」
人の弱みに優雅に冷酷に寄り添い、甘美な死の世界に誘おうとする。
トートとは、こういう設定だったのだ!と、初めてわかった気がした。

ありちゃんトートの腕と指先は、まるでふわふわと漂うように動いて、心をからみとっていく。

ああ、からめとられたい・・・と何度思ったことだろう。

何度か歌われる「愛と死の輪舞」が、毎回違うのよね〜
シシィと出会う最初の輪舞は、ちょっと緊張が高まっていたのかハラハラしたけれど(こちらもドキドキ)、「私が踊るとき」の直後だったかなあ、「追い詰めよう〜」と歌う輪舞のときには、ぞくぞくさせられた。
トート閣下のスイッチがはいっちゃったよ〜!もう逃れられないよ〜!とシシィに警告したくなるようだった。

あそこで今回、なるほどと思ったのは、ハンガリーの革命志士たちがクローズアップされるところ。
時代の潮流が大きく変わり、ハプスブルク帝国の終焉がくっきり浮かびあがってくる。
そして、破滅への道筋が見えてくる。まるでトートに導かれるように。

よくできた構成なのよね〜と、今ごろ気づいてどうする!
把握力のなりばあやを、ありちゃんトート閣下がお導きくださったから、この作品の魅力をようやくたっぷり楽しむことができたのだ。

ルドルフが頭に銃を打ち込んだ直後に抱き止めるトート。そして、口づけをする。
ありちゃんトートは、まるでルドルフの命をしっかり吸い取っているかのようなコワい閣下だった。
まさに「死」

ほぼ目の前で「愛してる〜♪」と歌いあげてくれて、クラクラした。
が、この輪舞の歌は、オリジナルのミュージカルにはなく、宝塚独自であとから追加されたもの。
この歌を抜いて考えると、この作品は「死」の色がぐんと濃くなる。

君主制が終わり、このあと、第一次世界大戦、第二次世界大戦と、戦争の世紀になだれ込んでいく直前の時代の話。シシィは、もう少し早く生まれていれば、我儘に好き放題に貴族として優雅に人生をまっとうできたはず。時代に飲み込まれていく国と君主たち。
こういうものを甘美な曲で鋭く描いてしまう客観性が面白いなあ。

ありちゃん、大物だ
これから、どんなふうに成長するのかしら。
「どこまでも追いかけていこう〜」

今回の新人公演でのもう一つの驚きは風間柚乃のルキーニのすごさ!
登場シーンから鳥肌もんだった。
目に狂気が宿っているんだもん。
舞台の上での存在感も、申し分なく、ありちゃんトートと互角の勢い。
100期生ですと!
いや〜、末恐ろしい。

全体にとてもレベルの高い内容で、本公演越えか?と思ったほどだった。
宝塚って、まさに才能の宝庫だ!とあらためて思いしらされた公演だった。

ありちゃんトップお披露目は、エリザベートに決まりだな。
できれば、ゆのちゃんのルキーニとセットでお願い。
ヘビロテで通います。

その日まで元気でいなくっちゃ!

posted by 風土倶楽部 at 23:45| Comment(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする