2018年12月29日

ボヘミアン・ラプソディーと日日是好日

ボヘミアン・ラプソディ
ビートルズには、なぜかまったく反応しなかったのに、クイーンは日本武道館で1975年に遭遇して以来、はまってしまった。
ロンドンでうろうろしていたころに、友人の家の窓から、フレディーの家が見えるというので拝んだことがある。
1989年だった。

ただ、フレディの苦悩を深く考えるわけもなく、英語の歌詞を深く受け取るわけでもなく、自分の未来と現状に対する不安と苦悩に忙しかった。

あれから40年以上たって、こんな映画に出会うとは…

涙、涙でございました。ライブ・エイドのシーンで大泣き。
フレディ、そしてブライアン、ロジャー、本当にありがとう!
出会えてよかった。そして、青春の何ページにも、いてくれてありがとう。

3回目にいつ行くか…考え中。


日日是好日
こちらも涙…
お茶の神髄をわかりやすく伝たわってくる。
難しいことはなにもなく、ただ、感じること。
のりちゃんと一緒に父の愛をたくさん感じることができた。
樹木希林の存在感が深くて、彼女なくしては成り立たなかった映画だと思う。
今一度、ご冥福を心から祈りたい。合掌

posted by 風土倶楽部 at 17:15| Comment(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

あれやこれや観たんだけれど・・・

昨年から、身辺が激動すぎて、書き込む暇がなかなかない。
最愛の家族が、一人、また一人、この世を去っていくさみしさ、悲しさが襲ってくるけれど、それをしみじみと偲んでいる時間もないほど、時に流されてしまっている。
いつの間にか紅葉も終わり、冬枯れの風景に変わった。

一応覚書程度に。

10月20日
国際フォーラム ホールC REON JACK3 進化し続けるちえさまだった。

東京千秋楽を観る予定だったけれど、危篤の知らせが届き、とんぼ帰り。
当日は間に合ったけれど、翌日、看取ることに…


11月8日、11日 
梅田芸術劇場 REON JACK3
ちえさまへの愛を再確認(笑)
コンテンポラリーダンスの「try」に衝撃を受けた。素敵!


11月17日 
東京劇術劇場プレイハウス 桜の森の満開の下
天海姐さんの男役を拝見。やっぱりセンターが似合う人だな〜
でも、内容はなんだかよくわからず…野田マップも、唐版と似たようなものだった(笑)


11月18日 
東京宝塚大劇場 月組エリザベート千秋楽
友の会で当選。ちゃぴの退団を見届けた。
来年、また、エリザベートが再演され、シシイになるとか。
ちえさまと同じアミューズに所属。ちえさまと共演する日も近いか?


11月27日 
宝塚大劇場 「ファントム」雪組新人公演
縣千を目当てに観劇。大人の男が似合う104期生。恐るべし!


12月1日 
大阪四季劇場 劇団四季 リトルマーメイド
四季のミュージカルを観るのは何年ぶりかしら
海の中の表現力に脱帽。

12月9日 
梅田芸術劇場 魔界転生
期待外れ〜

12月22日
サンケイブリーゼホール M&Oplays ロミオとジュリエット
三宅ロミオがかわいく、健気で、ちゃんとロミジュリになってた(笑)
ロミジュリのテーマは永遠だ〜!

お芝居は、これで終わり。今年も、よく劇場に通いました。
でも、どこか心ここにあらずの状況での観劇が多かった。
来年は平安がいいな〜


posted by 風土倶楽部 at 21:58| Comment(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする