2019年02月22日

「女王陛下のお気に入り」と「半世界」

「女王陛下のお気に入り」
英国やフランスなどの歴史ものは、つい触手が伸びちゃう。
宝塚体質だから?(笑)

しかし、この映画は、そんな体質を寄せ付けてくれない。
権力に憑りつかれた女はコワいなあ
上昇志向の強い女も。

英国の歴史を予習してから、見た方がよかった。
アン女王は、子だくさんだったのに、すべて失ってしまっていたのだ。
この事実を押さえてないと、映画全体を見誤ってしまいそう。
英国では、よく知られていることなんだろう。
女王の孤独がひたひたと伝わり、そこに付け込んでいく女二人の壮絶な戦いに目が離せなくなる。


「半世界」
じわっとくる映画だった。
3人の39歳の幼馴染たちの焦燥と諦めと幸せと・・・人生の重みが心に届く
みんな、そんなもんなんだろうなあと。
特に炭焼き職人の高村(稲垣吾郎)の不器用な生き方が、たまらなく愛おしかった。
そう感じさせてくれる吾郎ちゃんのすばらしさ
気持ちの動きが手に取るようにわかる
人生の折り返し点ともいえる年代、自分のいる世界と外の世界の交わり、見えている半分の世界にこれから何を足していくのか。
きっといつまでも反芻し続ける映画だと思う。



posted by 風土倶楽部 at 11:18| Comment(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シアターコクーン「唐版風の又三郎」

暇なはずなのに、なぜか忙しい
まあ、完全暇よりはよいかと思うけど

2月11日にシアターコクーンにて「唐版風の又三郎」を観劇。

これぞ、演劇!という劇空間が繰り広げられて、そのセンターでキラキラと輝くちえさま(柚希礼音)♡
退団してから、3年半、やっと観たかったちえさまに辿りつけた。

大満足

金守珍さんは、ちえさまのよいところを完全に引き出して、そのうえ、進化させている。
ばあやは、大感動でした。

6年前に同じ空間で観た「唐版滝の白糸」がちんぷんかんぷんで、赤いドレスの大空ゆうひと、黒いおじさんの平幹二郎しか記憶になく・・・

まあ、思い入れが違いすぎるから、仕方がないとしても、唐版なるものに拒否反応が出てしまい、今回は、あまり力を入れてチケットを取らなかった。

ちえさま、ごめんなさい
まさかアングラ劇で、ちえさまがこのように開花する日が来るとは予想だにせず・・・
愚かでした

内容は・・・やっぱりなにがなんだかよくわからない
でも、演劇の力というか熱量はがんがん伝わってくる

イメージの洪水だ

その洪水の中でおぼれることなく、魅力的で残酷で身勝手でやさしいエリカという役をちえさまは見事に出現させ、泳ぎ切っていた。

織部の窪田くんも、6年間の蓄積により確実に進化しているようで、舞台の上を彷徨っていた感じの白糸から、軽やかに、着実に存在感を得ていた。

二人の力量もすごいけれど、やはり共演者のみなさまにしっかり支えられているからこそ。

惜しむらくは劇場だ。
かつて六本木のビルの地下にあった自由劇場。もう45年くらい前のこと?
舞台と客席の境界線がわからないような空間で、芝居にどっぷりと役者とともに過ごす3時間ほど。
あの魅力に取りつかれて、ずいぶん通った。
その自由劇場がコクーンでやるというので、観てみたら、あれ?というくらい熱量が拡散してしまい、私の知っている劇空間ではないと失望して、以来、一度も足を運ぶことがなかった。

風又も、そんな空間で観たら、人生変わっちゃうくらいの衝撃を受けただろうなあ。
いや、もう人生、なにも変わらなくていいけど(笑)
十分変わったから

李麗仙さんの出ていた結城座とかも、よく観に行ったけれど、あのわくわく感をもう一度味わいたいなあ。

ちえさまが、このあと、ディナーショーを経て、一人舞台を250席ほどの空間で行うという流れが、いかにすごい挑戦なのかが、よっくわかった。
なにもかもさらけ出して、もっと大きなものを得ようとするちえさまの貪欲さにますます惚れちゃう。

やはりこんな人、ほかにいない。唯一無二のちえさま♡

REON JACKシリーズ以外の舞台は、どこか迷走しているようで、ちえさまには自己プロデュース能力が足りない?などと失礼なことを思ったりしていたけれど、大きな間違いだった。

20周年の記念の年の幕開けに、この舞台を選んだちえさまは、まったく正しい。
そして、ここまでちえさまを生かせる金さんに出会えたことは、なんとラッキーなことだろう。
私としては、風間杜夫さんとの共演も、すこぶるうれしい。
風間さんの初めてのアングラ劇への出演とは思えないほどの存在感はさすが!

ちえさま、もってるね

これからも、ずっとお共させていただきます。

唐さんの作品には、シチュエーションはあれもこれも取り入れられるけれど、政治的宗教的なイデオロギーではなく、人間の普遍的な生命力を蘇らせること1点に集中しているような気がする。
ちえさまのおかげで、劇空間の新しい見方を得ることもできた。
今回の唐版風の又三郎、観てよかった。
まだ、大阪も観るけど(笑)



posted by 風土倶楽部 at 10:21| Comment(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。