2020年02月26日

宝塚大劇場 星組新人公演「眩耀の谷」

最近は、本公演と新人公演を抱き合わせで観ることが多くなった。
面白いことに、本公演より、新公の方がストーリーを把握しやすい。
時間がコンパクトになったり、一部演出が変わりシンプル化されるから?
先に本公演を観ていることが多いから、という単純な理由でもあるけど。

今回は、本公演を先に観ていて、作品としては2回目。
やっと登場人物たちの名前とキャラが頭に入った〜
馴染みのない中国らしき名前の氾濫なんだもん
とはいえ、2回目でも、人間関係はなんとなく把握できたけれど、名前まではっきりインプットされたのはレイシン、トウカ、カンブ将軍くらいだけど( ´艸`)

説明的なセリフがちょっと多めだから、新人たちは大変そう
でも、みんな滑舌、がんばってました。

星組は、最近、あまりちゃんと観てないから、若手はよくわからず…
でも、事前に主演の碧海さりおちゃんは、ちえさまファンとの情報を得て、愛いやつめ(笑)と俄然、熱い視線で観てきました。

さりおくん、とってもよかったです。
169pと、最近の男役ジェンヌの高身長が多い中では、やや普通。
でも、とても大きく見えました。
歌も、高音がとてものびのびしていて、レイシンのまっすぐな性格、疑うことを知らない人物像を演じていました。

驚いたのが極美くん。
オーラがすごい。悪役の迫力もすごい。
美しいから、悪役をするとコワさが増していいなあ。
管武将軍が、自分の息子なのにさっさと殺してしまうところが、設定にもうひとひねり欲しかったな〜
必然がね
子殺しは、すみれコードにひっかからないのかなあ。
私は、できれば避けてほしい。
あの子が生きられない設定は、ほかにもできるはず。手違いで部下が…とか

天飛 華音くんの謎の男
せおっち?というくらい似ていた(笑)
ノリノリのせおっちに似ているのだから、よいことなのだ

新公を観るたびに、宝塚はとりあえず2030年ごろまでは安泰だな〜と思うのであります。
106期生の文化祭を観てきた友人によると、またまた粒ぞろいで、美形ばかりよく集めてあるし、歌うまさんも多いとのこと。
2035年ぐらいまで安泰か(笑)


posted by Luna at 16:49| Comment(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする