2008年08月12日

アスファルトの下にもムカデはいる

「ここを見るのが楽しみなんですよぉ。普通の花壇と違うから」と中年の女性。
「ナスができてきたねぇ」と年配の男性。
「パパ!トウモロコシ〜!」とパパと一緒の女の子。

畑の手入れをしていると、いろいろな人に声をかけられる。
なんてったって、公道沿いだから。
目立ちまくりです。

e-2008_0729nattou0027.jpg

キュウリがいよいよ枯れてきたので取り除いて、以前、インゲンを植えていたところを掘り返して、整えて、ブロッコリーと小松菜を蒔いてみた。

e-2008_0812hatake0007.jpg

e-2008_0812hatake0014.jpg

手前の黒い粒が小松菜、その上の茶色の粒がブロッコリー、その右がただ今、飽きるほど食べさせていただいているルッコラ、豆は紅大豆。
小松菜は多摩の在来種だとか。
さて、どうなりますことやら。

e-e-2008_0812hatake0008.jpgルッコラを摘むメンバーの一人、TOMOちゃん。インゲンの跡を掘り返したら、3pほどのムカデがたくさん出てきた。
「ありゃー、ムカデがたくさんいる…」と立ちすくむ私。
ワタシャ、日曜日の朝、一人でかなりがんばって草抜きをしていたのだ。
いるって知っていたら…。

「いるねー」といいながら、畝づくりをしているTOMOちゃん。土の上をとんとん叩いたり、ならしたりしている。素手で。

す、すごい…。(with 尊敬の眼差し)選ばれし人なんだろうか。

しかし、いるんのねぇ、ムカデが。
こんなにアスファルトとコンクリートに蔽われた都会の小さな土のスペースにも。





ラベル:三鷹 本日の畑
posted by Luna at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 三鷹の二坪畑のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。