2008年09月02日

北の大地から 番外編

おかん料理の会で出会ったfu-soraの滝澤博良さん・愛美さんご夫妻。

2008_0829engaru0126.jpg

タダモノではないパン屋さんなのだ。
パンを追求していったら、小麦づくり、製粉、全部自分でやらないと気がすまなくなって、北海道に8年前に移住。およそ1年前にfu-soraを開業。

このパンのおいしいことといったら!
さすがです。
ホームページには小麦栽培や小麦の製粉情報が満載。
飯尾醸造さんもそうだけれど、農と食がしっかり組み合わさると、本当にいいものができるのだと確信させてくれる。

2008_0829engaru0186.jpg

宴会の夜の部に出てきたこのエビがやたらとおいしく、みんなで「うまい!」を連発。
スーパーの安いものとはまた違うそうで、いや、ほんと、止まらないおいしさだった。気になったので旭川のスーパーでチェック。1パック400円ほどで売られていたけれど、ずいぶん小さいし、色もくすんでいて確かに別モノでした。

そして、初めて見たのがこれ。

2008_0829engaru0168.jpg

2008_0829engaru0169.jpg

八列とうきびというもの。
不思議な実のつけ方で、一列きれいにないのので、ちょっと損したみたいな感じ。
札幌八列という在来の品種が元になっているとか。

焼いて食べるとおいしいということで、炭火で焼いてみたけれど、はっきりした味がなくて、もちっとした食感。たまたまだったのか、そんな味なのかは不明。

今回の「おかん料理」の会場になったのが、遠軽の山の中にある瀬戸瀬温泉のその名もそのまま「セトセ温泉」。

2008_0829engaru0099.jpg

地元民御用達のアルカリ性単純泉の温泉は最高の湯質。もちろん源泉かけ流し。なんとこの温泉旅館内の蛇口はどこをひねってもお湯しか出てこない!水が出てこないのだ。
旅館はかなり老朽化していて、調理室の床は抜けてしまったので、料理などは出していない。素泊まりのみ。お肌つるつる、温度もちょうどよくて、ゆっくりのんびり入るには最高のお風呂だった。風呂場は清潔で、旅館ほど老朽化しておらず、快適。

最後にこういうものが出始めたんだなあと感心したのが「northern style スロウ」という北海道のよいもの、面白いこと、人をおしゃれに取り上げた雑誌。これを見ていると、あー、ここも行きたい、これも買いたいというものばかり。特産品とかみやげ物とか観光地とかではない、地元目線の新鮮ネタが満載されている。

首都圏発の雑誌の休刊が相次ぐ中で、この「スロウ」は毎号完売しているとのこと。北海道でしか今のところ販売されておらず、道外のファンが手に入れて喜ぶという面白い現象も起きている。
昨年から、あちこちでこんな元気な情報誌を手にすることが多い。
大都市圏で集める情報なんて、似たり寄ったりだから、とっても新鮮。
地方の暮らしの質を高める大きな原動力になりそう。




posted by 風土倶楽部 at 09:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
朝田さん、今週はどのあたりですか?
スロウいいでしょう!!!!!!!。やぎはあの雑誌を北海道で見つけたときにレベルの高さにうなりました。以来、創刊2号目から、東京にいながら愛読しています。
今では、ちょっとした北海道オタクのつもりです(笑)。
今回、ご紹介できてよかったです。
何かね。誌面を見ていると愛を感じるんですよ。ではでは、また近いうちに東京で。
Posted by yagi at 2008年09月08日 17:30
今週はおとなしくナスを干しています(笑)
スロウは危険な雑誌です。だってページをめくっていると、北海道に行くしかない!って気分にさせてくれる。
洞爺湖のグラスカフェgla_glaが気になって、気になって。。。
Posted by あさだ at 2008年09月09日 18:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック