2008年10月05日

秋日和の中、東京朝市でテストマーケティング

e-2008_1004asaichi0001.jpg昨日の東京朝市は今年最高のお天気で、人出も最高でした。
いつもこんなお天気と気温だといいのに。

先日、木のスプーンの素材が台湾産だったということで、風土倶楽部のブログにアップしていたので、もしや返品を希望される方がおられるかもと思っていたら、「今日は木のスプーンは?」という人が。。。
もしや返品?と思いきや、
「大きい方のスプーンが追加で欲しかったので」とのこと。
実はあのスプーンの素材は・・・と言いかけたら、「ブログで見ています」と言ってくださって、とてもうれしかったです。
きちんと伝えるということがやはり重要ですねぇ。

なたね油まごどさもとても好評!
ほとんどの方が即決。
「これ、何?」と近づいてきて、「なたね油です」といろいろ説明すると、かなりの方が興味を示してくれました。
国産に対する関心が本当に高くなってきているなあと思います。
人をひき寄せるデザインの力もかなりあります。

パリッとしいたけは、風土倶楽部の第3弾目の主力商品にしたいと考えていて、ただ今、テストマーケティング中。
この商品、中高年に圧倒的人気です。
商品を見て、吸い寄せられてくるのはほぼ中高年。
中高年は「しいたけ」に弱いらしい。
風土倶楽部的には、「りんご」と違った層を取り込むことができそうな有望商品のようです。問題は輸送コスト。かなり悩み中。

ハチミツは、先日、北海道に出向いた折に出会ったクローバーのハチミツが大好評で、数が少なかったこともあるけれど、あっという間に完売。
Cerealも、ご指名買いの方がいて、少しずつ浸透してきているみたいです。

e-2008_1004asaichi0002.jpg

午後遅くに撮ったので商品が売れてしまってまばらです。

桐山さんたちは今回が今年度最後の出店でした。
来月は11月22日。熊本から桜野園の松本和也さんがちょうど上京するようなので、懐かしい食育フェア再現でやってみようかと考え中。
りんごも、新顔が登場予定です。

帰りに二坪畑で水遣りしつつ、小松菜を収獲。

e-2008_1004asaichi0009.jpg e-2008_1004asaichi0011.jpg 

早速、煮びたしに。ちゃんとタイコウの削り節で出汁をとりました。
採れたて小松菜を食べられるシ・ア・ワ・セ…。


ラベル:東京朝市
posted by 風土倶楽部 at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | いいものづくり(スロービジネス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック