2008年10月26日

“らぶ”な一日@ブラウンライスin 表参道

25日の土曜日にりんごちゃんのお得意先の一つであるブラウンライスさん(表参道)で1年に一度のホールフードマーケットが開催されました。
私も、りんごちゃんのおかげで生産者の一人としてお声がけいただき、打ち上げまで参加して、最高に楽しい一日を過ごしてきました。

もぎ豆腐の石川修さん、飯尾醸造の飯尾彰浩さん、藤原養蜂場の藤原誠太さん、生命農法研究会の高橋丈夫さん、そしてS師匠ことすずき味噌店の鈴木徳則さん、と、私にとっては大好きなお馴染みのメンバーが勢ぞろい!

何年かぶりにお会いした丈夫さん。私が自然農法や有機栽培に興味をもったきっかけをつくってくれた方で、たくさん教えていただいた農業の師匠ともいえる方。丈夫さんは、このマーケットに今年初めての参加だったそうで、このスリーショットが実現!

2008_1025BR0005.jpg

このほかにも金井醸造場、大木大吉本店、協働学舎新得農場、などなど、日本の本物の食の中核ともいえる人たちと食材がぎゅっと凝縮されていました。

2008_1025BR0004.jpg

講演中の鈴木さん。

鈴木さんと対談のお相手はブラウンライス社長の梶原建二さん。
対談の中でのお話。
「表参道という場所柄だから、イマドキな女の子たちがやってくる。なぜくるのかと聞いてみたら、「うちのお母さんはこんな食べ物をつくってくれない」と。それを聞いて、この場所でブラウンライスをやる意味が大きい」と思われたとのこと。

東京のど真ん中にオアシスのようにあるのがブラウンライスです。
この日も表参道はまっすぐに歩けないほど人、人、人。
でも、HANAE MORIビルの裏手にあるここは、人がたくさんいるのに、ほんわか、ゆったりして、笑顔が満ちていて、幸せな空間が生まれていました。
スタッフの方たちは、とにかく若い!平均年齢25歳ぐらいかな。
みんな、とてもイキイキきびきびしていて、みていてとても気持ちがよい。それは、たぶん置いている商品に対して自信があるからなんだと思う。

私のお仲間のみなさんも、自分の商品に絶対の自信がある。そんな仲間にりんごちゃんを入れていただいて、本当にありがたいです。
私がイチオシの菜種油「まごどさ」も、このたび扱っていただけることになりました。

昨日、集っていたお仲間たちは日本の本物の食を牽引してきた人たち。「まごどさ」をつくっている工房地あぶらの小野寺さんたちは、その後ろを追いかけていく新しい勢力だと思う。
新しい命ともいえる。そんな彼らが仲間入りを果たせることになったことが本当にうれしいです。

最後には、S師匠、I師匠(何かとお世話になりっぱなしのオサムさまなのだ)と日本酒の殿堂「真菜板」へ。このお店の日本酒セレクトはすごすぎる。骨太、繊細、老獪、軽妙…なんと奥深いこと。
S師匠いわく「酒の一滴は血の一滴だ」
誰かに言われた言葉だとかおっしゃっとりましたが、忘れた。

この日もS師匠は名言をきらぼしのごとく…が、おいしすぎて、楽しすぎて、ちょっと飛んじゃった…。
最後は3人で「らぶだ!ひらがなの“らぶ”だ!」と言い合っていたような…。なんのことだっけ。

一つ気づいたこと。S師匠、I師匠、Fみつばちブンブン(スズメバチの方が似ている)、みーんな、ちょいメタボ、よ。
お酒はほどほどにね。
といっても、無理でしょうけれど。

posted by 風土倶楽部 at 10:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 首都圏情報&食事情&おいしいお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も行ってきました、ホールフードマーケット。
食の第一人者のオールスターゲームという感じでしたよね。
その方々と気さくにお話ができるのも、姉さんのおかげです。
ありがとうございます。
こんな美味しいものばかり食べたら、メタボになるよなあ!

ブラウンライスのスタッフの方々は、
ほんとにいい感じですね。
これだけは試飲してねと、私も声掛けられました、商品に自信ありありですね。
また、
お美しい方々ばかりですね!
いいもの食べているからかな。
僕もらぶになりたいです。。。
Posted by たにぐち けいじ at 2008年10月26日 22:40
ブラウンライスには“らぶ”がいっぱい!でしたね。

>お美しい方々ばかりですね!
>いいもの食べているからかな。

うん、だと思う。お肌、きれいだし。

>僕もらぶになりたいです。。。
人恋しい秋ですもんねぇ。。。
Posted by あさだ at 2008年10月26日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック