2008年11月05日

半島攻めと胡桃とりんごちゃん

本チャン仕事の半島攻めでてんてこ舞い。
大統領選の結果も「あ、オバマ、ね」という感じで、ただ今、南房総半島を攻略中。まだ、5つも担当しなきゃならない半島が残っている〜。

今年、関わって4年目になった半島地域の定住調査。
調査に出向くためにデータ資料とにらめっこしながら、分析のための地域把握に励んでいます。

いやー、まいった。
合併しまくりで、旧市町村単位で分析していこうとしたら、至難の技。
津軽半島なんて、飛び地だらけ!
これで行政区としてやっていけるんかいな、、、
それにしても、一つひとつの市町村をじっくり見ていくと、一つとして同じ場所はないですねぇ。
まさに地域はミクロコスモスだと痛感。
その分、大変なんだけど。

デスクワークの苦行が続く。
体重が確実に増えている、と思う。
なるべく食べ物を口にしないようにしているけど。
どうしても何か欲しくなったときには、そう!りんごちゃん!
昨期の試食用がちょこっと残っているので。
パソコンとお友達状態で目はがびがびだし。
肩もこりこり。

そんな合間に息抜き気分で紫波町のお仲間と電話でやりとりしながら、大阪の食品メーカーさんに頼まれた国産くるみを入手。
こういうニーズはこれから増えるでしょうね。
携帯電話で久しぶりのE子さんに、「くるみ、ある?」「あるわよ。もう集めてある。殻付きでいいんでしょ?」なんてやりとりをする。
E子さんを選んでくれたのは役場の友人。それなら、E子さんだ!と。
こういう連携プレーが紫波町のうまいところで、助かる。
牛の肥育が生き甲斐のE子さんは地域の産直リーダーでもあり、超多忙なお方。すぐにつかまえられるとは、なんと便利な世の中でしょう。
りんごちゃんには、紫波のりんごも使わせていただいています。

茨城で個人で養蜂をしているYさんからも、電話が入り、来年はたくさん採れるはずなのでオレのハチミツをよろしくね、とのこと。
ハチミツビジネスは、お得意さまから要望も来ているし、相変わらず東京はちみつクラブの会員登録への希望は多いし、はちみつヌーボーパーティも開催しなければならないし、なんとかしないと。。。ううっ。

青森のりんごの件もあるし。。。
洋梨とプルーンも。。。
北海道のパリッとしいたけも。。。
Cerealのリニューアルも。。。

りんごちゃんの販売再開をお得意様に今日、メールでご案内しました。
週末には個人の顧客の方々にご案内メールを出す予定。
こちらも、メルマガ登録がこのところ増えていて、期待されていると実感中。
でも、そんなに数は出せないし。。。はあ。
今後の鍵を握るのは青森、?

ナマケモノ状態だったのが、にわかに働きモノに変身中です。
さて、いつまでもつか。

レッドクリフ、早く観たい。
posted by 風土倶楽部 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック