2009年02月25日

おなかと気持ちを満たすこどものおやつ

部屋の中が暖かいせいか桜のつぼみがぷっと膨らんできたので、あわてて温度の低い部屋にお連れしました。

2009_0225sakura0004.jpg

だめ、だめ。まだ、咲かないで。
今は愛でている余裕がないから。
できるだけ長くそばにいてほしいし。

今日は、埼玉県和光市で子育てに関する活動をしているNPO法人わこう子育てネットワークの方から、「わこう子どものいる暮らし情報誌」の「おなかと気持ちを満たす子どものおやつ 〜おやつは子どもの幸せな時間〜」というコーナーにりんごちゃんを紹介したいとの連絡をいただきました。

ありがたいお申し出なので、ぜひ、ぜひ、ということで了承しました。
A5版で60ページ1000部の情報誌です。
すごいパワーですね。

見本にもらったページには、アリサンや月山パイロットファームなどの名前も散見されます。
概要文の中に同NPO法人が声をかけて「子育て真っ最中のママやパパ、ちょっぴり先輩ママ、おじいちゃん、おばあちゃん世代、独身の方など、いくつもの団体や個人が参加する情報誌製作チームがうまれた」とあります。子どもという存在を町の真ん中におき、たくさんの人とつながっていきたいというのが目的だということです。
りんごちゃんがそのつながりをつくる一端を担ってくれるのなら、うれしいことです。

最近は風土倶楽部がまるで子どもみたいで、それも一番手のかかるむずかってばかりいる子どもで、私はほとんどかかりきりになっています。母子家庭だから、それはもう大変で(笑)
そこで地元三鷹の仲間に子育てを一緒にやってもらおうと協議中。
うまく連携できるといいんだけどな。


posted by 風土倶楽部 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック