2009年04月11日

サクラも中高年も花盛り

毎日、お天気がよくて、今年は桜の時期が長いです。
恒例の桜三昧、今年は京都の東山の疎水での舟遊びと南禅寺散策でした。

2009_0410kyoto0057.jpg

なんと5時間待ちです。
時間指定できるのは当日のみ。
朝、9時半に行って1時45分を予約。
6年前から始まった京都市動物園から国立近代美術館あたりの琵琶湖疎水を辿る約30分間の岡崎桜回廊十石舟めぐりです。

2009_0410kyoto0043.jpg

お昼は料理屋で京料理をいただき(高い!)、いよいよ船へ。

2009_0410kyoto0052.jpg

2009_0410kyoto0083.jpg

一人1000円で24人。2隻で15分おきに出航。儲かっています。
案内人いわく「桜にできるだけ長く咲いていていただかんと。。。」
今週末あたりが最後のかきいれでしょうか。

それにしても明治時代に行われた琵琶湖から水を引いた疎水事業というのはすごいですね。琵琶湖と京都の間の山を水路でつないでしまったのですから。
南禅寺の水路閣の美しいこと。

2009_0410kyoto0111.jpg

2009_0410kyoto0088.jpg

桜吹雪の中の京都は、まるで天国のような美しさなのでした。
そして、桜と同じくらい中高年が多かったです。

なぜか最近、京都が好きな私。
年輪を経たものの美しさにせめて寄り添いたいと思うのもカレイなる日々ゆえなのでしょうか。

posted by 風土倶楽部 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック