2009年05月31日

当分、女王蜂続けます

東京はちみつクラブのブログ移転を完了。
まったくDoblog廃止のおかげで思わぬ時間をとられてしまいました。
昨日の30日をもってダウン。文章のインポートは簡単だったけれど、画像は一つずつ入力しなければならず、へとへと。
ただ、2005年4月からの分を一つずつ入れていたら、ずいぶんいろいろなことやったなあ…と、自分で自分に感心してしまいました。
あのエネルギーはなんだったんだろう。って、たいてい振り返ると思いますよね。

10年後にもっとオババになったときに、あのときはエネルギーあったなあ、なんて考えるのかな。今は、以前ほどエネルギッシュじゃないですけれど。

移転先はこちら

このクラブ内であるプロジェクトが浮上してきていて、また、当分女王蜂の役割を続けることに。不思議なクラブで「もう、やめちゃおうかな」と思うと、何かが浮上してくる。

女王蜂というのは、まるでなにもかもを仕切っているようなイメージだけれど、実はせっせと卵を産んでいるだけ。群全体で本能的にそれぞれの役割で動いているし、どちらかというと働き蜂全体で全体をコントロールしている。
このクラブもそんなふうになって欲しいなあ。

ご用意した巣箱には結局、ご入居いただけないまま。すぐそばにあるみ排水溝跡のところで機嫌よくお過ごしです。ま、それはそれでいいことです。いることは確認できたし。
本来なら巣をつくったりしない都心のビルの上に連れてこられて、ビルの谷間を越えて蜜源にたどり着かなければならないみつばちたちもいるわけですから。

ビル群の真ん中で養蜂をやって、都会に生産の現場が出現した!と騒ぐのは人間の身勝手そのもの。そんなことは、もうそろそろいいのでは?みつばちとの関係性をきづかせてくれたということはよかったと思うけれど。

そういうたぶんご苦労の多いみつばちさんたちから比べれば、自由きままに好きな場所で巣作りしているみつばちたちのかたわらで、のんびりなごめれば、それでよし、です。それこそが一番重要なことなんだと巣箱を設置したことで気づかされました。そして、そんな環境は、私たち自身のためにも必要なことなんだと。

中村先生とクラブのメンバーさんたちに感謝です。クラブ員だけのmixi内でのやりとりなのでみなさんには公開できないのですが、うるうる、ぞくぞくしました。東京はちみつクラブを続けてきてよかったと思った瞬間でした。

8月8日にみつばちさんたちの寝静まるころ、勝手にハニーナイトで盛り上がろうと企画中です。もちろんカフェスローで。みなさま、ご予定を。同店のギャラリー内でiikarakan(katakataあらため)とコラボの個展&販売会も8月5日から9日で開催します。詳細は後日また。

RIMG0007.jpg

現在の国分寺の風景。
すっかり木が繁って、巣箱は見えなくなっています。


posted by Luna at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック