2009年07月01日

勝手に育ってくれるいい子たち

どうしてこんなに多忙なのか。
スロービジネスといいつつ、ぜんぜんスローじゃない!!!
というか、起業中はどんなに小さくてもスローというわけにはいきませんね。

赤ちゃんだった風土倶楽部が、よちよち歩きになって目も手も離せない、そんな状態です。
次から次へと問題、課題が浮上してくる。
おまけに決算期。
決算してみると、スモールビジネスであればあるほど経費の割合が大きくなるという当たり前のことをつきつけられる。

JANコードとやらを申請しました。
お得意さまからの要請があったので。
お客さまから「はまっちゃって〜」というお電話をいただくなど、Cerealが好調です。手応えを感じつつも、売れたら売れたでこれまた難問が浮上中。頭の中はあーでもない、こーでもないと考えること多すぎで、このところ「話しかけても返事がない」と文句を言われる始末。
カレイなる日々現象もあると思うけど。。。

そんな風土倶楽部のシモベ、コマネズミ状態の私のことを気遣ってか、二坪畑の野菜たちは素直にすくすくと育ってくれています。

2009_0630tomato0005.jpg

今年はトマトを雨のかからない軒下に植えたところ、ものすごい育ち方で、たくさん実をつけています。

2009_0630tomato0004.jpg

紫蘇も昨年の落ちた種が勝手に発芽して、元気に大きくなっているし、じゃがいもはもうすぐ収獲できそうだし。

手のかからないいい子たちばかりです。

2009_0629iwate0169.jpg

初収獲〜!

posted by 風土倶楽部 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 三鷹の二坪畑のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック