2009年07月18日

美味なる缶詰 黄金さんまを食べて機嫌をなおさなくっちゃ

2009_0710sanma0008.jpg陸前高田の八木澤商店の河野夫妻に紹介してもらった「黄金さんま」をネットショップにアップしました。
特産品がみんなこのレベルだといいのに。。。

これから、独り暮しや二人暮らしが増えます。缶詰めはもっともっと注目されてもいい食品だと思います。

最近、スーパーで買い物をしていると無添加だとか、化学調味料なしだとかがずいぶん目立つようになってきました。やろうと思えばできるんじゃない!と毎回、見つけるたびに思ってしまう。
顆粒だしのところにも、化学調味料不使用が登場。その隣にA社のものがあって、ここはこれからどーするんだろう…と思いつつも、先日の「商談会」ではそんなこと問題にしているバイヤーはほとんどいなかったから、まあ、私ごときがそんなことを心配する必要はないですね。

無添加のキムチ探しが趣味みたいになっています。
だいたい旨み成分を山ほど入れる食品なのに、どうしてアミノ酸を別に添加しなくてはならないのか。以前、銀河プラザで昆布の顆粒にアミノ酸が入っている不思議な商品を見つけたことがある。
アミノ酸だけじゃなくて、直売所やみやげ物店に行くと、未だに青色○号やら赤色○号なんていう色素を毒々しく使った商品があってうんざりする。いろいろなものが山ほど入っているし。

ところで昨日、税金払いに三鷹市役所の駅前窓口に行ったら、ひやーっと冷やされた広いスペースにお客(?)は私一人。5人の窓口は全員机の上はからっぽで、それなのに窓口に案内する係りがいて、係りはただ前を向いてじっと立っているのでした。
あのような仕事を一人前の大人に一日させる職場というのは労働者をバカにしているのでしょうか。そして、駅前には、ビッグイシューの販売員さんが暑い中、一生懸命声を出して最新号を販売していました。

心底腹立たしかったです。

私、ストレス、たまっているのかなあ。ちょっとぐちっぽいです。
黄金さんまを食べて、機嫌を直そうっと。

posted by 風土倶楽部 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いいもの少しだけおすそ分け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック