2006年02月08日

岩手の山中もすごい雪です!

暦上では立春を過ぎましたが、まだまだ春遠い日本列島。

ただいま岩手県は住田町に来ておりますが、地元の人に「雪持ってきたでしょう!」と笑われるくらい、私が来た昨晩に、久しぶりの雪が積もったのでした。

この「壁」は、私がこの町で一番好きなところの一つ。川からそそり立つ斜面が一面広葉樹で、春の新緑と秋の紅葉は見事です。春は、ふわふわとした、色とりどりの緑が、秋は華麗な紅から黄色の色合いが、目に飛び込んでくる場所です。

sumita_wtr 002s.jpg

担当者が運転する車のなかで、私ここが好きなんですよねー!と言ったら、彼も「僕も好きなんですよ」と二人で盛り上がったところで、パチリ。今日の雪模様も見事でした。

いままでのコレクションから、新緑と紅葉の写真を探したのですが、残念。晩秋の枯木立の写真だけしかありませんでした。3ヶ月前の同じ場所の写真です。

RIMG0138s.JPG
posted by 風土倶楽部 at 23:50| Comment(0) | 岩手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。