2010年01月21日

フランスでも始まりました! 道路脇の花壇化計画

はちみつ色の日々です。
というと、なんだかスウィートハニーな日々のようですが、現実はハチミツべとべと状態の日々です。まあ、立ち上げるのが好きだから、自業自得なんですけれど。

ちょこちょこ取材も入っているけれど、マイナーはマイナーよね、と思っていたら、なんとおフランスで同じような試みが始まったというニュースが!

世界中から消えるミツバチを呼び戻せ!道路脇の「花壇」化計画 フランス

フランスで始まったといったら、きっと我ら日本人は「!」と思うはず。
かつてエコミュージアムというのが地域起しで流行ったことがあります。たしかこれもおフランス発!あるとき、某コンサルに「これって、村まるごと博物館と同じでしょ?」と言ったら、ものすごい剣幕で「フランスで始まったことに敬意を払い、これを踏襲するのだ!」といわれ、「そんなのおかしい!日本でだって自然発生的に始まってんだから!」と大喧嘩になりそうになりました。いや、なってたか(笑)

というわけで、みつばち百花プロジェクトには追い風かもしれません。
春風だといいなあ。

みつばち百花の中の「みつばち百科」が充実しはじめています。
ぜひ、のぞいてみてください。
今日は、190年前の盲目のミツバチ研究者による本の紹介です。
ミツバチをもっと知りたい人必携の本もご紹介しています。
楽しいグッズも、集まりつつあります。

ハチミツの泥沼に足を、いや、からだごとはまっている私。
スウィートハニーなべとべとになればいいんだけどなあ。って、何を期待しているんだろ。
さ、お仕事、お仕事。


ラベル:みつばち
posted by 風土倶楽部 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | NPO法人 みつばち百花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック