2010年02月10日

絶滅危惧種応援のお願い

先日、お伝えしたイケメン絶滅危惧種の二人が、ついにブログを立ち上げました。3日前に立ち上がったばかりです。写真を入れるのに1時間以上かかったり四苦八苦しているみたいだけれど、ちゃんと地元の中学生に海人体験をやったりしている様子が伺えます。日々、進化していて、すごーく面白いので、ぜひ、立ち寄って、コメントを入れて応援してください。


小浜島の今日・小浜島絶滅危惧種


隊長が比嘉誠さん、副隊長が大城洋一さん、そして、地元サポーターはIターン者のヒロサーさんです。
20代が熱い思いで過ごす島の日々、うれしいじゃないですか。

だって、このところ山間部の過疎地を調査でうろうろしていたので、高齢化の波が押し寄せているのを目の当たりにし、「10年後、いや、5年後にはどうなっているのか。もうがんばれない」という60代、70代のつぶやきをどれほど聞いたことか。

その後に小浜島に行って、彼らがいるだけで視界がぱーっと明るくなったような気がしました。
沖縄の市場に魚を出したら、請求書が来た。輸送コストや資材費を差し引いたら、利益が出るどころか赤字だったなんていう話を聞きました。
離島の不利を強みに変えよう!
そんな彼らの思いがひしひしと伝わってくる2日間でした。

その2日間のことは、尾崎さんの「職彩工房たくみの加工室から」に詳しく書かれているので、そちらをご覧ください。

ネット社会だからこそ、どこからでも毎日応援できる!
ぜひ、ぜひ、みなさん、よろしくお願いしまーす!

今年は、小浜島ツアーをしようかな。

posted by 風土倶楽部 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック