2010年03月05日

ちゃんと花を植えています

今日は、まるで5月ごろの陽気でした。
いよいよ春だわ〜。

業務用で取引していた先が不調らしく、今期の取引は終わり。
いろいろあって、そうなるだろうなあと思っていたら、そうなりました。
大量につくって売ることをどうしてもしたい人たちがいる。そういうものとは別のところにいたいなあ。

昨日は国分寺で花を植えてきました。
ちゃんとみつばち百花プロジェクトをやっています。
詳細は、みつばち百花のブログを見てください。

最初に植えたのが江戸時代からの伝統野菜「のらぼう」だったのは、なかなかよい選択でした。地主さんからご提供いただいてしまいました。
国分寺の地元のみなさんは、みーんな、ほんわか、のんびり。
土の近くにいると、都会人は素直になれるんでしょうかねぇ。
金銭がらみじゃないし。

なんかふつーなところがいいです。
のらぼうを植えて、ちょっと葉っぱを食べて、花を愛でて、おいしいお酒を飲もう…。

DSCF5221.jpg

これは植えたのではなく、自生している野草。名前は…たぶん、野萱草 (のかんぞう)。

posted by 風土倶楽部 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | NPO法人 みつばち百花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック