2010年05月05日

蜜蝋にうっとり

GWも今日で終わりですねー。フリーの身の上には休みも、週日もあまり変わりありません。
昨日は、我が家で蜜蝋キャンドル研究会というマニアックな会を開催していました。なんか妖しい会では…などと疑うあなた。考えすぎです。

こんなファンシーなものをつくって楽しんでいました。

DSCF1050.jpg

太陽の光が植物を育て、花を咲かせ、その花の蜜と花粉をミツバチがいただいて、巣をつくるために分泌したものが蜜蝋。それをキャンドルにして火を灯す。ミツバチがいわば太陽の光を暗闇を明るくする灯に変えてくれたもの。ミツバチラブな面々には、これがたまりませーん!
体温でやわらかくなっていく感触も。
(やはり妖しいかも)

300gの塊。これで50時間ぐらい燃えるとか。もったいなくて燃やせないけど。
花粉がたくさん入っていると割れやすいそうです。

ところでやまくまさんのおかげですっかりツィッターにはまってしまいました。面白みがわかりました!
ふふふ、そういうことだったのね。
ぜんぜん知らない人とがんがんつながっていく不思議な不思議なツールです。




posted by Luna at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。