2010年05月29日

みつばちおばさん道、まっしぐら

昨日の毎日新聞朝刊に「ハチ不足:ウイルスが影響 死がいから農薬も−−畜産草地研など調査」で、みつばち百花のことを自然との共生を考える活動として紹介された記事が、Yahoo Newsに掲載されるという二重の掲載で、昨日のみつばち百花へのアクセス数は1日で5000を超えました。
いやー、びっくり!

サイトのアクセス解析を見たら、ものすごい数を示している。何が起こったんだ?とアクセスをたどっていったら、ヤフーニュースに。
でも、ヤフーニュースにリンクしてあるはずは・・・と思ったら、リンクされていました。なにはともあれ、ミツバチに関心を持ってくれる人が増えることはよいことです。

毎日.JPの記事はこれ

新聞やテレビだと、どのくらいの人が関心を持ってくれたのかよくわからないけれど、ネットだと確実に数がわかること、サイトに来てくれた人がどの記事をどのくらい熱心に見てくれたかがわかること(滞在時間や見たページ数、どこのページを見たかがわかる)など具体的な内容がデータとして入手できるところがすごい!

26日にはmecc賞の授賞式に行ってきました。5分間のスピーチをと言われたので、「みつばちからの手紙 花畑で待っています」を読み上げてきました。

最近はおそろしいことに時々ミツバチに憑依されてしまうみたいで、こんな手紙を1時間足らずで書きあげてしまえます(笑)
おまけに講演などを頼まれることが増えてきました。6月2本、7月1本。8月もあるかも。まあ、私としては漠然とした「お宝探し的地元学」の話をするよりは、うーんと気が楽というより、楽しいです。
(宝探しなんて今更もう遅い。もっとほかに探すものがあるでしょ)

先週の土曜日には、朝日新聞関西版夕刊にやはり取り上げてもらいました。ちょこっとですが。

某企業からは、めでたく協賛金をいただけることになり、ちょっと前身。また、某大企業からも、今後、ミツバチをテーマにいろいろ住民との活動をやっていきたいと相談をいただいています。
みつばち増産のための協議会の監事も引き受けることになり、みつばちおばさん道、まっしぐらの日々です。どういうご縁なんでしょうねぇ。ミツバチと。

ただ、なんだかととても根源的な部分に触れているような、面白さがあります。生き物は本当に面白いし、すごい!自然の仕組みというのは、人知の及ばないところだと痛感することばかり。

COP10は、ウワサでは盛り下がるばかりとか。
生物多様性はわかったようなわかんないような言葉ですもんね。
あーだ、こーだ考えたり、言ったりするより、ほかの生き物の身になって考えてみれば、人間がいかに傍若無人にふるまってきたかがよくわかりますよ。

宮崎の牛さんたちの受難にスポットが当たっているけれど、牛、ブタ、鶏など家畜の受難は今日に始まったことではないです。なんだか妙にウェットな反応がたくさんネット上で見受けられるけれど、家畜と人間の関係に今や命の丁寧なやりとりなんて普段からあるはずもなく、殺処分の部分に今頃反応しても仕方がないでしょ、と。

人間とは罪深い生き物なのです。

以前ほど肉体労働をしなくなった人間は、今後、どんなものをバランスよく食べていくべきなのかも、ちゃんと科学的に考えたほうがいいように思います。
人口も減っていくし、高齢化だし。食べるものも変化していくと思いますよ。
食糧問題もだんだん深刻化してきそうだし。これは次回に。

posted by 風土倶楽部 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック