2006年03月25日

新連載開始 風土倶楽部のおすそ分け

季刊誌「住む。」に昨年から「今、食の現場で」を連載してきましたが、この春の号から「風土倶楽部のおすそ分け」と衣替えして連載が再スタートします。

sumu3.jpg

昨年取り上げたのは、自然卵養鶏、日本みつばちのはちみつ、在来種の大豆、オーダー味噌、でしたが、今回の皮切りは風土倶楽部の定番商品ナンバーワンの熊本県水俣市桜野園のお茶です。
編集部からは「とにかく、おいしそうに書いてください」との注文がありました。
風土倶楽部で扱っている商品は、どれも我が家の日常に根を下ろしているものばかりなので、自信をもってお薦めできるんですけれど、筆力の方が伴っているかどうかが問題。
さて、さて、飲んでみたくなるように書けましたかどうか。

sumu4.jpg

「住む」は、「住まいと暮らしに関わるさまざまな知恵や工夫、そして住まいの本質を知ることを愉しめる」雑誌をめざしています。
テレビでいえば、NHKBSのようなじっくりと対象に歩みよるといった落ち着いた大人のための雑誌です。一生かけてつきあえるものを探している方にぜひお薦めしたいです。
今号の特別企画「中村好文と8人のクリエーターが、『ありそうで、なかったもの』をつくった」がとても面白いです。中でも、箱膳と手炙り火鉢の写真にちょいと釘付けでした。
先日、岩手県住田町で炭焼き体験を企画して、自分も体験してみて炭の良さに目を開かされたばかりですから。

さて、画像は本日の井の頭公園。嵐の前の静けさです。満開は来週、半ばあたりでしょうか。
kouen.jpg
ラベル:風土倶楽部
posted by 風土倶楽部 at 17:35| Comment(1) | 記事掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 井の頭公園は未だ咲いていないんですね。
 千鳥が淵公園はもうほとんど満開です。
 ライブカメラで見えます。
 http://www.chiyoda-days.jp/sakura/2006/live/lcamera.html
Posted by いけざわ at 2006年03月28日 14:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。