2010年10月12日

10月30日夕にハロウィンパーティ&ミツバチコスプレ大会やります

10月10日は、毎年、よいお天気になるなあ。
9日の土曜日に某大学の社会人コースの授業でミツバチから見てくる風景をテーマに話をした。
日本のいわゆる都市部に住んでいる割合は全体の8割に達しているといわれる。
その分、自然との回路が断たれているわけ。
ミツバチに詳しくなればなるほど、人間は持続不可能な生き物だと痛感することばかり。
生物多様性とかいっても、人間にはどうすることもできないと思う。
だって、身近なミツバチの視点に立つことさえ容易ではないのだから。
と、あらためて思ったのは、その授業の中で生徒が考える良いエコの中に、鹿島のミツバチプロジェクトなんかがちゃんと入っていたから。
で、どこが良いエコだと思うのかと突っ込んでも、もちろん答えは返ってこない。
あれがエコなんだもんなあ。
(えーっ、エコじゃないの?と思うお方はこちらをご覧ください
 ついでに愛知県庁のものね。)

COP10が盛り上がらないのもなんとなくうなづける。
(ひょっとして私の知らないところで盛り上がっている?)

昨日は友人の箏の演奏会に出かけた。
箏ってアバンギャルドだ・・・。
彼らが取り上げた作品がそうだったのかもしれないけれど。
だから、1曲だけ演奏された古典は耳馴染みがよかった。
バッハを弾いていたけれど、あれはムリ。8音階を無理やり5音階に合わせているから、着地の決まらない真央ちゃんみたいで、すべりまくりだったなあ。私にはね。
箏の音色の中には日本の原風景が詰まっているなあ。目を閉じて聞いていると、雪の風景、桜の風景、青々とした田んぼの風景とかが次々に浮かんでくる。やはり日本ぽい曲を演奏してほしい。

と前置きがやたらと長くなったけれど、10月30日にハロウィン・収穫祭をやります。
詳細はこちらへ。
音楽の演奏を今、交渉しているので決まったら、参加費がちょっと値上がるかも。その節はあしからず。

ミツバチコスプレ大会もやるので、ぜひ、出場してください。
私は行きがかり上、女王蜂になろうと思います。
思い切り大きな針をお尻につけて出ようかな。

活きのいい女子高生のコスプレもありますので、そちらが気になる方はぜひ。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック