2010年11月10日

大丈夫か、特産品開発

地方銀行フードセレクション2010という展示会に仕事がらみで出かけてみたら・・・。
いやー、背広族ばっかりで、居心地の悪いことといったらなかったです〜。

DSCF4588.jpg

大盛況!
各地方銀行が貸付先で特産品を持っているような会社や団体を出店させ、それぞれの顧客に声をかけたみたい。
私は岩手県のブースに用事があったので、商談が終わってから、せっかく来たからとちょっとうろうろ。でも、北日本のエリアのブースをぐるっとまわったら、目から入った情報だけでお腹がいっぱいという感じになって早々に退散しました

うーん、特産品開発、大丈夫か…。
○○のソーセージは食べてから、しばらく気持ち悪かった。○○をソーセージにしなくてもいいと思うんだけど。○○をそこまでして食べなくてもいいというか・・・。うっかり食べなければよかった。好奇心が強いのはときに墓穴を掘る。

なんだかどこかずれている。それは地銀ゆえなのか。
特産品というものがこういうワナにはまってしまうのか。
ここに集まっている人たちって、おいしいものをちゃんと食べているのかしら。

一つだけ気になったもの。それはマッシュルームをつくっている会社がマッシュルームの水煮パックをつくっていて、そのときに出るダシでつくったスープ。飲ませてもらったら◎!!ところが商品にはしていないとか。なんだ、それ!?

大丈夫か、特産品。。。
補助金とかいっぱい下りてそう、だわよね。

先日、ネットのことでブーブー行ってたわけだけれど、もうひとつネットがらみで。
先月、ほんの10分だけ百花の活動について話したフォーラムのレポートがココログにアップされていて、見に行ったら、私の語った内容ということで「ハチミツは花粉から採れます」といったことになっている!!!
早速、コメントで「私はぜーったいにそんなことは言うはずがない!」と入れたら、ライターから電話がかかってきた。
「ぼくのメモにそのようにあったもので・・・」
お前の耳がおかしい!そんなことを私が言うわけないでしょ。ハチミツは花の蜜が原料にきまっとるだろうが!
とどなりつけたいところを、「いえ、そのようなことをお話しした覚えはなく・・・」と、まあ、ぐっと抑えて(でも、なかったか)。

でも、私がふと思いたってあのサイトを訪れなければ、今でも、私は「花粉からハチミツが・・・」などという恥ずかしいことを言ったことになったままとは恐ろしや〜。
ライターは自分の書くことにもっと責任をもってくれ!頼む!

といいつつ、目下、原稿で七転八倒。頭悪いなあ・・・とため息の日々。
ひとさまのやっていることをちゃんと書くのって難しい。


posted by 風土倶楽部 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック