2006年05月30日

6月24日に大阪で開催される食育推進全国大会に参加します

この食育推進全国大会というネーミング、なんとかなりませんかねぇ。
「ニッポン食育フェア」も、このタイトルで最初は誰が来るのかなと思ったけれど、これはどーにもなりません。
おまけに「いつでも どこでも 楽しい食育」がヘッドコピーです。
それはないだろう・・・

まあ、そんなことを言っていても仕方がありません。
ついに今回はLJ21&風土倶楽部は大阪にデビュー!です。
6月24日(土)10:00〜17:00 at アジア太平洋トレードセンターATCホール(A・B・Cホール)入場無料
今回は内閣府と大阪府の共催です。

私たちは風土倶楽部の出店と、おなじみの「大人のための食育ワークショップ」の企画運営をします。
大阪のおばちゃんたちの迫力に負けないようにしなくっちゃ!
(でも、おばちゃんたち、こんな固いタイトルで来るのかしら。たくさん来たらちょっとコワイし、来なかったら寂しい)

今回のワークショップのラインナップは下記の通りです。
1月のフェアでがんばってくれたNPO法人珠洲交流ビューロー、NPO法人地球デザインスクール&ぱうわうは再登場です。同じ内容でしょって?ノンノン!テーマも違うし、しっかりバージョンアップしますよ。すごいでしょ!

11:00〜11:45
珠洲からのおくりもの -能登大納言と大豆-
これ、まいぞきゃー たべてみてくだし
NPO法人珠洲交流ビューロー
能登半島の先端「珠洲」から、そこに生まれ育った私たちが普段の食をみなさんに自慢させていただきます。能登大納言は、珠洲でしか生産できない逸品です。もちろん大豆も珠洲の土と風で育ったものです。「これ、まいぞきゃー。たべてみてくだし(標準語なら これ、とってもおいしいよ。ぜひ食べてみてください)」豆たちと私たちにぜひ会いに来てください。

12:30〜13:15
田んぼと海が丹後で出会った!
“穀物と海の恵みをまるごと食べる” 全粒食と海藻のススメ
NPO法人地球デザインスクール&ぱうわう

1、穀物をまるごと食べる、全粒食のすすめ
2、ご飯をもっとおいしく食べる海のふりかけ
3,山と海をつなぐ谷地田〜 ジュル田の楽校

14:00〜14:45
豆味噌純情物語
創業六百六十有余年 八丁味噌が受け継がれてきた秘密とは?
こめ・みそ・しょうゆアカデミー準備会

八丁味噌は、2メートルもある仕込み桶に大豆麹を入れ、5トンを超す重石をのせて3年間熟成させるという、昔ながらの製法を今も守り続けています。長い間、人々に受け継がれてきた伝統の味の秘密をまるや味噌店(NHK朝の連続テレビドラマ「純情きらり」の舞台モデル)の社長浅井信太郎さんにお話していただきます。

15:15〜16:00
家庭でできる!絞る・味わう自然の油
(社)農山漁村文化協会

講師:鈴木修武氏
ナタネ、エゴマ、ゴマから家庭で簡単に油がしぼれる自家製搾油器がついに登場!しぼりたての油ってどんな味?一度食べたら忘れられなくなるかも!
(こちらのコマはフェアでの内容とほぼ同じです。こちらをご参照ください)

みなさまのご参加をお待ちしています!
お申込み方法などの詳細は後日アップします。
風土倶楽部の商品ラインナップも後日また!
ラベル:食育
この記事へのコメント
こんにちは。
大阪開催なんですねぇ。
地DS&ぱうわうの皆さんも参加されるなら、何とか手伝いに行きたいけれど、このためだけに帰るのはねぇ。ちょっと無理・・・
東京では、しばらく開催されないのかしら。
あぁ〜 残念!

Posted by あずま at 2006年05月31日 17:50
そうなんです。これからは各都市で順次開催されることになりました。
私たちも今、風土倶楽部フェアを東京のどこかで開催できないかと模索中です。

ぱうわうさんたちは、今回、得意技のパンを出してくださるそうで、とっても楽しみです。
Posted by LJ21 あさだ at 2006年05月31日 18:48
6月24日は新潟ですが、知人に知らせします。
各地からもいらっしゃるのですね。

Posted by やなか at 2006年06月02日 13:43
今回は始めての場所ですし、1日だけなのでワークショップを実施していただく方々を中心に運営する予定です。東京からは頼りになる女性2名が新たに加わり、関西初進出に臨みます。
Posted by LJ21 あさだ at 2006年06月03日 00:38
初めまして、本物のナニワのオカンです。
このイベントが明日だった事を、突然思い出し、
検索しているうちに、こちらへ辿り着きました。
明日は、母子で伺います☆
Posted by あなぐま at 2006年06月24日 02:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

食育
Excerpt: 好き嫌いの多い子供を持つ親は恥だった時代があった。箸の上げ下ろしまで厳しく注意される食卓が当たり前だった。子供にとって愉快なはずがない。でも、それは親が子供に持たせやれる大きな財産のひとつ。忙しいから..
Weblog: 晴走雨読
Tracked: 2006-06-27 14:00