2006年05月31日

いよよ華やぐ我がベランダ

トウダチしてしまったニガナのおかげで、ちょっとジャングルっぽくなっている我が家のベランダに新しい仲間が増えました。
紫陽花です。

先日、桐生市に旅行した際、黒保根に数十年前に花づくりがしたくて移住してきたというさかもと園芸さんを見学。そのとき2鉢いただいたので5人でアミダクジをして、珍しく私が当たったのです!いつもはクジ運最低なのに。ポージィーブーケ ララという八重咲きの品種のようです。
まさにブーケみたいでしょう?
ajisai7.jpg
最近は、カーネーションよりも華やかだし、高額なので母の日のプレゼントとして大人気だそうです。坂本さんは花の業界では、ミセスクミコという八重咲の紫陽花の品種を誕生させたことで有名な方だとか。
坂本さんによると、花の世界も、かつては花屋さんで販売するのが当たり前だったのが、今では量販店が主流になりつつあり、薄利多売が中心になり、先に価格ありきで大変だそうです。

ハウスには品種改良のために置かれたたくさんの種類の紫陽花が競うように咲いていました。

ajisai6.jpg ajisai7.jpg ajisai2.jpg ajizai.jpg

きれいでしょう?
紫陽花の原産地はなんと日本!知っていました?
用土によって花の色が変化し、酸性が強いと青みが増し、中性に近づくにつれてピンクや赤が鮮明になるそうです。
これは山紫陽花

ajisai5.jpg

あぢさゐの 下葉にすだく蛍をば 四ひらの数の添ふかとぞ見る by 藤原定家

ajisai9.jpg

夏もなほ 心はつきぬ あぢさゐの よひらの露に 月もすみけり by 藤原俊成

kurohone.jpg

黒保根地区は、街道沿いに紫陽花がたくさん植えられていて、これから夏にかけて田園風景は紫陽花で華やかに彩られるとか。
雨に濡れてもまたよき風情の紫陽花。
ララのおかげで「いよよ華やぐ」我がベランダです。
当主は枯れるばかりなのになあ。

日本たんぽぽのその後
順調です。だんだん葉がおいしそうに見えてきて、かわいいけど、食べたい。

tanpopo2.jpg

ワイルドストロベリーは毎日、実をつけてくれるので、収穫しては冷凍庫へ。といっても毎日5粒ぐらい。いつになったらジャムがつくれるかなあ。でも、りっぱな自家製ジャムなのだ。
posted by 風土倶楽部 at 08:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 群馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見事な紫陽花ですね。
含蓄も深くなる。
Posted by やなか at 2006年06月02日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック