2006年10月15日

くらしに役立つ食品表示ハンドブック

毎日の食が気になるみなさん
handbook.jpg必携のハンドブックです。
食品表示をより分かりやすく解説するガイドブック『食品表示ハンドブック(全国自治ネット版)』です。

群馬県が平成15年に作成し、高い評価を受けた「食品表示ハンドブック」をもとに、全国食品安全自治ネットワークの有志の21道府県が知恵を出し合い、最近改正された法律の内容や相談事例などを加えて、新たに作成されたものです。
生鮮食品、加工食品、弁当類・調味料、乳製品・飲料等に分けて、各食品の表示の読み方を丁寧に図説してくれています。
せっかく表示されていても、見方がわからなければ、ないのと同じ。
これを持ってスーパーマーケットに行けば、新しい視点で食品選びが可能になります。

基本的な情報が網羅されているので、たとえば、安倍司さん著の「食品の裏側」をあらためて読み返してみると、ああ、このことを言っているのね、など理解が進むことでしょう。
ぜひ、手元に1冊、家庭に1冊、置いておきましょう。320円。安い!

詳細およびお買い求めはこちらへ

訂正・追加情報のサポートセンターがあります。
群馬県庁、なかなかきめ細かいです。




ラベル:食育
posted by 風土倶楽部 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 食と農の未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック