2006年10月23日

今年最後のアースデーMに初参加&今週の私

今年最後のアースデーマーケットに初参加してきました。
Earthday4.jpg

Earthday3.jpg
お!風土倶楽部、人気です。



Earthday2.jpg久々にウラシマも登場。「りんご」はやはりここでも人気でした。



Earthday.jpgブースは、お仲間の雨読晴耕村舎(埼玉県羽生市)の後藤雅浩さんとシェア。後藤さん特製バジルソースは相変わらず大人気でした。


Earthday7.jpgが、ごっちゃんがこの日、やたらと人に食べさせたがったのはこの瓶の中のものなのでした。
いたずらっこのようなこの笑顔。瓶の中にはイナゴがいっぱい。息子のコータ君は今、「おとう!イナゴ取ったよ」と張り切ってイナゴ取りに精を出しているとか。

けっこうお客さんは「懐かしい」という人が多くて、受けていました。私はダメ。いくらエビと一緒だと言われても…。

Earthday5.jpg大豆レボリューション活動を活発に行っているトージバの渡邉尚さんと神澤則生さんたち。トージバは、このアースデーマーケットの実行委員会の団体の一つです。渡邉さんは、先々週の「今週の私」に登場していただきました。なかなか筋金入りのマイペース自己実現型の生き方が垣間見れて、興味深かったです。私の周囲にはなぜかこのタイプの30代が多くいます。

ここに出店している生産者たちも、30代ぐらいが一番多く、若い世代の農業にかける熱い思いが伝わってきます。
農業の後継者問題で嘆いている地方とのねじれ現象に出会うのです。
このねじれを解消するべく、道を作りたいとあーでもない、こーでもないと考え中。この若いエネルギーをなんとか農業の現場に届けたいです。

ただ、このアースデーマーケットという名称には、ちょっと疑問。たぶんアースを地球というよりも土という捉え方で使っているのだろうけれど、毎年5月ごろに開催されるアースデーというイベントの名前が浸透しているので、イメージしにくいように思えます。

もっと足元から考えることが大切だし、必要だと思うのです。

まあ、いろいろ課題は残しつつ、今年のアースデーマーケットはこれで終了。来年はまた春から。どうなりますことやら。

「今週の私」ですが、先週担当してもらったフォレスト・アドベンチャー・フジは日本で初めての森をそのまま活用したまったく新しい遊び場について報告していただきました。森林の活用方法の一つとして、注目される取り組みです。
今週は、初の長崎県からのレポートです。





ラベル:東京朝市
posted by 風土倶楽部 at 07:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 関連イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
昨日後藤さんから紹介していただきました、バジルソースづくりの裏方です。
昨日はお疲れさまでした。
ちょっと肌寒かったですが、大盛況でしたね。
お疲れさまでした。

アースデーマーケットの名称、確かに友人の間でも、話題になっていました。どうしてかな?って。
アースデーは4月だし、何か関係があったのでしょうか。行ってみても、よくわからなかった…。

>ただ、このアースデーマーケットという名称には、ちょっと疑問。たぶんアースを地球というよりも土という捉え方で使っているのだろうけれど、毎年5月ごろに開催されるアースデーというイベントの名前が浸透しているので、イメージしにくいように思えます。
もっと足元から考えることが大切だし、必要だと思うのです。

同感です。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by さかづめ at 2006年10月23日 09:35
バジルソースは三鷹のショップでも大人気です。なにより私のキッチンに欠かせないものになっています。発芽玄米餅もおいしいです。

というわけでごっちゃんの舌には絶大なる信頼を寄せている私です。これからはさかづめさんの舌と腕にも。
新しい商品も開発してみましょう!
Posted by LJ21 あさだ at 2006年10月23日 18:43
アースデイマーケットお疲れ様です。私は仕事で行けなかったのですが、後藤さんのイナゴは私もたぶん食べられないと思います。だって昆虫ですよ!無理です…

私の会社では、28日29日の代々木公園の「アースガーデン“秋”」の、その企画の中のひとつ「ファーマーズガーデン」に参加します。私は2日間とも醤油搾りの実演などを行う予定です。同じ代々木公園のイベントで名前も似てるし、個人的には、知人が多い「アースデイマーケット」の方に参加したかったのですが…

アースガーデンとアースデイマーケットとアースデイ東京と、それぞれ関連があるのかないのか…私のような新参者にはわかりにくいです。また、それぞれアースデイマネーは使えるのでしょうか?
ご存知でしたらご説明願えませんでしょうか?

私は24日は、自然海塩「海の精」誕生30周年記念講演会に。25日は「こめみそしょうゆアカデミー」設立シンポジウムに出席します。どこかでお会いできましたら幸いです。
Posted by ナカト at 2006年10月24日 01:08
日曜日は、お疲れ様でした!
4月から始まったアースデイマーケットも
今回で今年は最後となりました。来年は渋谷だけでなく他の場所でも開催できるかも知れません。こんな「場」をたくさんつくっていきたいです。

アースデイマーケットのネーミングについて、とらえ方がいろいろとあるんですねー
4月22日のアースデイは1年に1日だけですが、毎日地球のことを考えよう「everyday is EarthDay!!」というのが「アースデイマネー」コンセプトです。
たとえば日常的に有機野菜を買うことで農家を応援する、ゴミ拾いをして地域をキレイにするなど、地球や地域にやさしいことをした人に、地域通貨アースデイマネー「r」が手渡されます。
アースデイマーケットは、この「r」がすべての店舗で10〜30%使えるマーケットなんです。

つまり、「r」の流通量が増えれば増えるだけ地球環境が良くなっていく、そんな仕組みです。アースデイ東京とも、いままではつながりが薄かったんですが、来年はばっちりタッグを組んでいくことになるので、イメージ的にも違和感が無くなると思います。
今後ともよろしくお願いします!
Posted by アースデーマーケット実行委員会 at 2006年10月25日 13:27
このアースデイマーケットに三鷹から参加されていたとは!
どうしてもいろいろな生産者へ表敬訪問して
いるので、見落としていたのかも知れません。
産業プラザの前の道を通ることが良くあります。
今度お店を覗いてみましょう。
Posted by 吉田農園 at 2006年10月26日 18:47
お立ち寄り、ありがとうございます!
そちらのブースまで行って、クッキーを買おうかな、どうしようかなと迷ったりしていました。

11月1日から新しいお仲間も増えて、マイショップがリニューアルします。
21日の火曜マルシェの件、よろしくお願いします。11月6日の週にお伺いさせていただきます!
三鷹にも楽しいマルシェができればいいな。
Posted by あさだ at 2006年10月26日 20:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック