2007年01月11日

晴天好日の祝!1周年記念 農業x加工x人x地域=無限大の可能性

そろそろみなさま、正月気分も抜けてエンジンがかかってきたころでしょうか。
私は、1月、2月は毎年、気分がブルーになりやすいです。
干支が変わったり、新年明けましてということで「今年からは!」なんて何事も切り替わる時期。
どうもむかしからケジメというやつが苦手で、だらだらといつのまにか、あらっ、年が変わっている→年をとっちゃった、みたいな感じが理想です。

あ、また、年齢ネタになりそう。
今日、ごっちゃんに昨日の記事ネタについて「そんなこと、いうなよ」と励まされたので、ここでやめておきます。

今日は、埼玉県にある弓削多醤油さんと、発芽玄米餅とバジルソースの雨読晴耕村舎の2大マイブームを訪問してきました。

yugeta2.jpg私は、このところ弓削多醤油のなましょうゆにハマッてしまっています。
加熱せず、ろ過せず、という稀な醤油です。稀なというより、ここでしかやっていないものです。

熱々のご飯にかけて食べれば、卵のいらない卵かけごはん!
今日の料理は失敗だったなあと思えば、2,3滴たらしてみる。その瞬間に料理は見事に生まれ変わります。
いい調味料さえあれば、手抜き料理はいくらでもできるというのが持論の私としては、毎日、舐めてはニンマリしています。
油舐めている化け猫みたいですね。

ただ、すごく面白いのは、だからといって煮物に向いているかといえばそうではないところです。

yugeta.jpgまあ、普通の醤油の2倍ぐらいの値段なので、経済的にも煮物には向いていないし、出汁の旨み成分まで分解してしまうためです。

鈴木味噌店の豆ごころ、なましょうゆ、こういうものに出会えるなんて本当に幸せ・・・。
この取材レポートは、「住む。」春号に掲載されますので、ぜひ、ご覧くださいね。
要冷蔵なので普段はショップに置けませんが、三鷹火曜マルシェのときに販売を検討中です。

醤遊王国は、工場を見学しながら醤油のことが学べます。中戸川さんの解説がとてもわかりやすくて楽しいので、食のことを学びたい方には最適の施設です。
2Fでは、卵かけご飯などを食べることができるようになっています。
商品ラインナップを一つずつ味見してみると、日本の食文化のすばらしさに目を見開かされます。
1滴に味のすべてが凝縮されつつ、塩や材料で少しずつ味が異なるのですから。

icecreamyugeta.jpg醤油アイスクリームもあります。
アイスクリーム好きの私としては飛びつきました。
甘辛いでもなく、甘塩っぽいでもなく、醤油の旨みをうまくクリームに混じらせていて、面白い味なんだけれど、また食べたくなります。

案内してくださったのは弓削多醤油の醤遊王国担当の中戸川さんです。
昨年、登場していただいた今週の私では、今更聞けない醤油の基本が満載されているので、ぜひ、お立ち寄りください。

後藤さんの友人でもある中戸川さんと一緒に雨読晴耕村舎も訪問してきました。って、実は距離はかなりありました。埼玉は意外に広い。

gocchan.jpg

お!糧工房がバージョンアップしている!
秋に訪問したときの様子はこちらへ。
なにやら新しい商品も次々と試食させてもらいました。
やるなあ。

弓削多醤油はメーカーとして国産大豆、小麦を使い、「なましょうゆ」のような新しい商品づくりに果敢に挑戦し、農業を支え、雨読晴耕村舎も農業と加工をうまく組み合わせることで小さな農家が充分にやっていけることを証明中。本当に農業と加工という組み合わせはすごい可能性を秘めていると思います。
今日は、ごっちゃんの隠しだまMさんにもお会いしました。この方がまた、すごい舌と腕の持ち主です。
農業x加工x人x地域=無限大の可能性を再確認させていただきました。
風土倶楽部は、この可能性を仲間と一緒に探っていきたいです。

今日はお天気がよかったので、糧工房の一角でお茶を飲みながら、太陽が沈むころまで来し方行く末を3人でしみじみ語り合ってきました。
出会い1周年記念日は晴天好日なり、でした。

めぐり合わせって不思議ですねー。

ラベル:農業 風土倶楽部
posted by 風土倶楽部 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | いいもの少しだけおすそ分け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック