2007年03月23日

お宝は使わなくっちゃ! おかめ笹

なかなか更新できない状態です・・・お察しくださいませ〜。

先週末、群馬県桐生市の山間部(といっても、赤木駅から車で15分ぐらいのところ)にある名久木という集落に地域調査に行ってきました。

「おはようございまーす」と、地元のみなさんが待つ地区の公民館に足を踏み入れた途端、見つけてしまった。

nakugi.jpg大発見!!!
これは確かにお宝です。




s-2007_0318nakugi0060.jpgおかめ笹という笹の一種でつくるカゴです。
なーんだ、よくある蔓とかでつくるカゴでしょ〜などと思ってはいけません。

このカゴは50年以上、使えるのです。
といわれても、ほんとかな〜と思いたくなります。

s-2007_0318nakugi0004.jpgでも、これが証拠。
この色の変わったのは、たぶんおばあちゃんの時代からだから、50年はたっているものとか。

群馬県は粉食文化の地。
うどんを茹でたとき、これで水切りすればばっちり!
と、言われても、まだ半信半疑。
疑り深いのだ。

で、家でスパゲティを茹でて、買ってきたこのザルにあけてみれば・・・
おお!なるほど!
水切りがすごい!すごい!
笹の皮はつるんとしているから、ぴっとはじいてしまうというわけ。

竹篭は今まで使ったことがあったけれど、水切りがイマイチで、密閉性の高いマンションではすぐにカビが出てしまいます。
この笹も、寒い時期は活動を低下させるので、冬期に採取して編んだものが一番いいとのことです。

うどん、そばはもちろん、野菜の水切りとかにもいける。

つくるのも楽しそうだわー。
目下、つくれる名人はただ一人。
もったいないことです。

お宝は飾っていても仕方がない。使わなくっちゃ!
これはただいま構想中の「暮らしの学校首都圏分校」に取り入れようっと!

s-2007_0318nakugi0041.jpg

ふきのとうがとてもよく似合います。
ラベル:地域調査 地元学
posted by 風土倶楽部 at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 群馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほしいんですけど。
籠マニアなので…。
買いたいです。
編み方習ってみたいです。
その、ふきのとうをのぞいた状態で、上から編み目をもっとよく見せてぇ〜〜〜。
マニアより。
Posted by もりち at 2007年03月24日 12:26
リクエストにお答えいたしやしょう。
Posted by あさだ at 2007年03月24日 15:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック