2013年10月20日

唐版・滝の白糸

昨日、シアターコクーンで「唐版・滝の白糸」を観劇。
例の元宝塚トップスターの生を観るシリーズ第4弾。
大空祐飛さんの性転換イベント。

私、ヅカ時代のゆうひは映像でしか観ていないけれど、特になにも感じず。ファンじゃないです。
じゃあ、なぜ見に行ったか。
「女優への転換」の瞬間に興味があるのですよ。
ちえさまが、数年の後に迎えざるを得ないその瞬間を今からシミュレーションしている(笑

というのは半分冗談(半分真剣かい 笑)。
ヅカの元トップが女優の顔をどんなふうに魅せるかというのは、やはり一大イベントだと思う。
その瞬間になんの演目を選ぶか。この選択がとっても面白い。
霧矢大夢は「マイフェア・レディ」だったわけで、歌上手さんだから、あれはあれできりやんらしい女優の顔が誕生し、賢明な選択だったと思う。

では、今回のゆうひはどうだったか。
女優誕生としては、成功、なんじゃないかな。彼女は、普通の役では転換できなかっただろうから。
もともとあんまり表情が豊かじゃないから、歌やダンスがついてこないと「伝える」という点では弱い。
だから、普通のストレートプレイじゃあ、中途半端な転換になっちまって、ソフトランディングできなかったと思う。
今回のような急降下なハードランディングでないとね。そういう意味では大成功。
赤いドレスでの衝撃的な登場から、水芸の太夫姿、ラストの「スペクタクル」(とはあまり思わなかったけど)シーンは、それぞれ「女」っぽかったし、美しかった。ゆうひも、やっぱり女やったんやなあ・・・と感慨深かった。

が、肝心の舞台は・・・さっぱりちんぷんかんぷん。
私に飛び込んできたセリフは「敵を見極めるんだ〜!」という一言だけ。

その敵が鮮明でないんよ。
だから見極めろってこと?

水芸のところも「スペクタクル」らしいけど、仕掛けがみえみえだし、手首からの血しぶきも、あざとさの方が勝ってしまったかな。この舞台の一番の見せ場なんだけど、爆発感がない。
セリフのやりとりが、どこかめりはりがなくて、何度も「気絶」(注:本人の意識とは関係なく、寝落ちすること)しちゃった。

窪田くんは…暗い目をしたアリダだなあ。
あ、それでいいのか。兄は心中して、その生き残りの女にお金を無心されているのだから。
ひらみきの黒メガネは、さすがの存在感なんだけど、なんだか3人とも輪郭がぼやけていた。
って、気絶しまくっていたから、そう見えただけでしょ、と独り突っ込み。

最近、この「気絶」がどのくらいくるかが私の観劇バロメーター。
芝居は、神経や感覚を覚醒させてほしいから観に行くのであって…覚醒されないということは、私のテイストじゃない、うまく伝わってきていない、のどちらかなんだろうなあ。

80年代にどんな思いで観ていたのやら。
ぜんぜん思い出せない。ということは当時から覚醒されなかったわけで、要するに私のテイストじゃないということなんだろう。

唐ゼミで来月、同じ演目の公演あり。ただいま、比較してみたいという好奇心がむくむく湧きあがっているところ。懲りないやつだなあ…。

DSC_0213.jpg


シアターコクーンの前半のセンターだったから、とてもいい席だった。
この会場は、見やすくていいな。700席ぐらいが一番落ち着く。


posted by 風土倶楽部 at 15:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Lunaさん・・・はじめまして

昨日観てきましたよ(^^)v

私も途中3回くらい気絶しそうになった(^_^;)

せっかく札幌から日帰りでわざわざ観に来たのに、自分・・・ダメダメじゃん!と思っていたら同じ人いてちょっとホッとしました。

私は最近、窪田正孝という俳優に注目しているのですが、感想は「そっかぁ・・・( ..)φ」

でも!最後の血をあびる辺りから何故か涙がでて仕方なかった。

どういった感情の涙なのか、自覚できない涙は初めてでした。

大空さんは、凛としていて、さすが元宝塚男役トップスター!って感じ。

それゆえに、手首切ってもあざとい感じなのかな。と思ってみたり。

なのに・・・そのあと涙とは。

窪田くんの、苦手分野をただただ頑張っている姿に感動?・・・とも違うような((+_+))

確かめに大阪公演に行こうか考え中です。

唐ゼミの来月公演も興味深い。


最後に・・・
今回、一番必死なのは平幹次郎さんなんじゃないかな。とふと思うんです。
だから大空さんも窪田くんも、余裕のない大先輩との温度差で伸び伸び演技できなくなってない?と、恐れ多くも思ってしまうのは私だけかな(-_-;)

Posted by hana at 2013年10月29日 10:12
hanaさん
コメントをありがとうございます。
窪田くんファンなんですね。私も、ゆうひも気になったけれど、昨年、テレビの「大奥」や「平清盛」で窪田くんを観て、舞台はどんな感じなのかと好奇心むくむくで観ることにしました。

今回の窪田くんは、私はあまり輝いていなかったように思うのですが…なんせ気絶が多くて…それであーだこーだいうのもなんだか申し訳なく…。

ゆうひは、先週、宝塚時代の「誰がために鐘は鳴る」をCSで観たら、なんのことはない、けっこうそのままで女優になっていた。宝塚のときは、ダンディな男役というポジションだったけれど、お甲はそのままなんですよ。ドレスを着ているだけ。とっても意外なんですけど。あんなに男役に徹していたのに、やっぱりゆうひも女性だったのね(笑
彼女が、このお芝居、そしてお甲という役を選んだのは大正解だったようです。たぶん転身するのに、外野が思っているほど大変じゃなかったはず。きりやんのイライザの方が苦労しただろうなと思います。実際、舞台の上で苦労の跡が見えたし。

涙を流されたとのこと。たぶん感性が研ぎ澄まされたのだと思いますよ。私は、最後までもやっとしたままでしたもの。

唐ゼミは行こうかと思っていたのですが、格差社会をかなり意識した内容になるみたいなので、ちょっと二の足を踏んでいます。あまり社会性の強いお芝居は好きじゃないので。

ひらみきさんは・・・私は、とりあえず観られたことでよかったかなと。やはり存在感はすごいですから。

何度か観ないと、なかなか捉えにくいお芝居ですよねぇ。ツイッターで絶賛している方たちのツイートをみると、なんだか損をした気分になっちゃいます(笑
Posted by Luna at 2013年10月29日 13:46
Lunaさん、お返事ありがとですヽ(^o^)丿

自分の感想がふがいなくて、いろいろな人のブログとかみたんです。

でも、どれもピンとこなくて(^_^;)

Lunaさんの表現が一番しっくりきて思わずコメしてしまいました。

そうですね。
何度かみないと感想すら難しいかも・・・

ファンというほどではないですが窪田さんへの興味と、純粋に平さんの唐作品初・元宝塚男役トップスターの転身・蜷川作品が観てみたかった。

Lunaさんのブログみてたら、宝塚も観てみたいです(^^)v

素人感想でイラッとするかもですが、その時はまた来ます。

ありがとうございました(^.^)
Posted by hana at 2013年10月29日 23:15
hanaさん

おっしゃるように今回の唐版・滝の白糸は、配役が興味をかきたててくれましたね。

宝塚は、ぜひ、ご覧ください。量産体制の劇団なので(5つも組があって、どこかで公演がほぼ毎日行われています)、「なんじゃ、これ?」というのもたまにありますが、「おお!これは!」というストライクゾーンど真ん中というのもちゃんとありますよ。

また、いつでもいらしてください。
お待ちしております。
Posted by Luna at 2013年10月30日 18:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック