2013年11月23日

新・藪の中

基本は商業演劇嗜好だけれど、時折、役者の息遣いが伝わるような小劇場にむやみに行きたくなる。
ということで、演劇実践集団デスペラーズの「新・藪の中」を観劇。
吉祥寺シアターなので、近いというのがこの公演を選んだ大きな理由なんだけれどね(笑

園子温監督の「恋の罪」ですさまじいセックスの権化を演じた富樫真さんが、唯一の女優というお芝居。
演者はテレビなどでそこそこお見かけする方々。芥川の藪の中だから、もちろん例の場面もあり、なかなかリアルにやっておられました。
このところスミレコードに慣れているから、かなり刺激的というか苦手。まあ、小劇場にはよくあるリアルさなんだけどね。私って演劇的Mなのか?(笑 見ていて、そうだ、小劇場って、こういうリアルさを追求するんだっけ、と思い出したわけ。懲りないやつだなあ…。

そういうシーンは妙にリアルにやるのに、セリフの中にちょこちょこ現代の言葉をわざと入れてくる。
たとえば「マニフェスト」とか、現代の話言葉を入れるとか。

こういうのはあまり好みじゃないなあ。
せっかく室町時代の扮装をして、あの世界に入っているのに、こんなセリフが入ることでその世界が一瞬裂ける。物語と今を結び付けたい気持ちはわかるけれど。
物語が意図するところがちゃんと伝われば、観ている側はちゃんと現代に結び付けて考えるのだから、必要ないと思う。特に原作があるものをやるときには、そのあたりは丁寧にやってほしい。

人間は自分に都合のよい真実を選びとる。現代は、その作業をマスコミが一番得意とするから、話がますますややこしくなるわけで…。
原作がいいから、そう破たんのない舞台だったけれど、しきりに黒澤の映画を思い出してしまった。多襄丸は必然的に三船敏郎を思っちゃうわけで、おまけに京マチ子、森雅之、志村喬という最強のキャスト。こういう舞台って、やりにくいだろうな。
富樫さん、映画より美しかった。

でも、サブタイトルの「女でアルこと」の意味がイマイチ伝わらなかった。女が強調されているわけでもない脚本だしなあ。女の色香に迷ったということになっちゃうと「藪の中」じゃなくなっちゃうし。

お芝居を見ながら、いつかちえさまをこのぐらいの距離でじっくり拝見したいものだという邪なことを考えては、いかん、いかん、と芝居に戻る私。絶対ありえないと思うけどね(笑 妄想です。


posted by Luna at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック