2014年04月30日

観劇日記 「レディ・ベス」

行く予定はなかったのだけれど、ちょっと思い立って、突如、2階のA席で観劇。

DSC_0802.jpg


舞台美術が、とてもよかった。
占星術をイメージした円形の周り舞台と、頭上の星空と星座の輪。
大きな時の流れの中で必死に生きる人間たちの物語が強調される。

ヘンリー8世は、若いころ、リック・ウェイクマンの「ヘンリー8世の6人の妻たち」というLPを何度も何度も聞いたから、予習しなくても大丈夫(笑
特にアン・ブーリンは、本も読んだし、映画化されるとつい観てしまう。
まあ、刷り込みみたいなもので…。
だから、エリザベス1世がヒロインのミュージカルを、小池修一郎氏が手掛けるというので好奇心むらむら。
でも、なんとなく予感として、音楽がピントこず、触手が伸びなかった。

でも、でも、やっぱり一度は観なくっちゃ…ということで行ってみたけれど…。

予感の半分は当たっていた(笑
特に心にひっかかるナンバーがなかった。何度か観たら、口ずさめるのかな?
多くのナンバーがセリフっぽくて、音楽にしなくてもなあ…と思ってしまう。
特に冒頭、ロジャー・アスカムがヘンリーと妻たちの関係を説明するシーン。ここはセリフでよかったのでは?歌にするとわかりにくい。山口さんも歌いにくそうだった。
ロンドンで観た「レミゼラブル」や星組初演の「ロミオとジュリエット」は、観た瞬間に衝撃が走ったから、そういう類の作品じゃないなあ。

山口さん、なんだか精彩がなかった…。
アスカムという存在が、どういう人で、なにをめざしているのか明確に描かれてないから?
ご教育係だから、いつもベスに「あなたは女王になる身なのだから・・・」と説教を垂れているだけ。
もっと守る立場で活躍するのかと思いきや、ただただ説教だけ。
やさしいわけでも、厳しいわけでもなく。

ロビン役の山崎くんは、レミゼのマリウスを観たことがあって、キャラとしては似ている。
ベスが魅かれていく「自由」を象徴したお得な役。

Wキャストのメアリー・チューダーは、未来さんのを観たかったのだけれど、今日は吉沢さん。
メアリーとは、つくづく気の毒な人生を歩んだ人だというのが、実はこのミュージカルで一番感じたこと。
お母さんのキャサリン・オブ・アラゴンは、アン・ブーリンが現れたおかげで、ヘンリーの気持ちが離れてしまい、離婚されちゃう。そのため、庶子ということで父親のヘンリーに愛されないばかりか、いじめられる。
イギリスをカトリックの国にするために、反抗するプロテスタントを大勢処刑したため、ブラッド・メアリーと呼ばれてしまう(まあ、これは仕方がないけど)
同じカトリックのスペインとの絆を強くするためにフェリべ1世の息子と結婚するけれど、年上すぎて愛されず、想像妊娠までしちゃって、あげくは子宮がんで死ぬ。わずか5年の在位期間だった。

レディ・ベスよりも、メアリーの方が印象に残ってしまった。。。小池さん、これでよいのでしょうか(笑

ベスが悩むと、お母さんのアンが登場するのだけれど、アンのイメージとしてはちょっと天使すぎる(笑
実際は、かなりの野心家だったみたい。まあ、ベスに対しての母としての心情を表現しているとみれば、あの天使ムードはわからないわけではないけれど…。
今回の出演者はミュージカル界のトップスターたちばかりだけれど、その中でも抜群の歌唱力。和音美桜、すごすぎる。レミゼのフォンティーヌは和音さんが一番!だと私は思っているのだ。

平野ベスは初々しくてかわいかった。成長していくようすがよく表現されていて、身近に感じられるベスだった。小柄な人だけれど、最後に女王になるあたりでは威厳が備わっていた。

星組の「ナポレオン」も3回目ぐらいでようやく耳に馴染み、物語の深さを味わうことができたから、1回だけではなんとも言えない。が、面白いかと言われたら、まあね、だし、つまらないかと問われたら、つまらないわけじゃないけど…。
私の眠気審査は、眠りに落ちるまでにはいかなかったけれど、ちょっとうとっとしてしまうところもあった。
13:00〜14:20 14:45〜16:10 合計165分。ちょっと長いかなあ。

自らが同じ運命にさらされたとき、処刑された母親を追想し、母の苦しみや悲しみを追体験していく。
その過程が重要なことはわかるけれど、もう少し整理されてもいいような気もした。
フェリペが、ベスの運命を左右するのだけれど、ちょっと漫画的。舞台としては面白い存在だけれど、彼がどうしてベスに好意的なのかがよくわからない。メアリーより若くて、きれいだと何度も言っていたから、政治的判断ではないのか?(笑 当時の強大なスペインにとっては、イギリスの女王なんて若くてきれいならよかったのかもね。古川雄大くん、なかなかイケメンフェリぺだった。ただ、私は浦井フェリぺを観たい!

キャット・アシュリーの涼風真世さんも、さすがの安定感。ヅカOG、がんばるなあ。

とにかく今回の作品は、主役のベスが注目されがちだけれど、実際の舞台はメアリー・チューダーの出来具合によるところ大!ということがよっくわかった。
吉沢さんでも、悪くないのだけれど、「カラマーゾフの兄弟」で未来さんの実力を見せつけられたから、やはり未来さんで観たい…。ということは、もう一回行かねばならぬ?(笑

DSC_0801.jpg


ラベル:ミュージカル
posted by 風土倶楽部 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック