2014年05月19日

観劇日記 星組「太陽王 ル・ロワ・ソレイユ」

ナポさまのお茶会で、ちえさまが「太陽王はすぺくたくる」とおっしゃったとか。

太陽王・・・スペクタクルじゃなかった。
ちょっとセリフが多めのミュージカルだった。

DSC_0880.jpg


DSC_0881.jpg


本日のお席。たぶん最高に近いお席。オーブは8列目から段差が出てくるから、視界極めて良好。席が重ならないから、見やすい。
宝塚大劇場、東宝ともに、この席の配置を学んでほしいと切に思う。

東急シアターオーブは、かなりりっぱな舞台設備をもっているはず。だって、あのオーシャンズ11が、このあと、上演されるのだから。なのにまったく使いこなせていない。植爺師匠とおんなじやん!

DSC_0885.jpg


ちえさまは、ちょっとお疲れ?なんだかとってもやりにくそうに見えた。
なぜなら、舞台展開がぶつぶつ途切れるのだ。流れが中断する。これって、植爺手法じゃないの。
植爺の後継者といわれるゆえんか。暗転したからって舞台の上を役者を走らせるな!主役が暗転の中、急いで舞台を横切るのはやめてほしい。
幕前芝居はさすがになっかったけれど、ベルばら、風共に共通する古臭さが気になった。

どうやらルイ14世の時代背景など、日本人が知るよしもなく、そのあたりを説明しながらの舞台になったのが大きな原因なのか。モリエール、マザランが語る、語る。だから、舞台は中断せざるを得ない。脚本の責任だわね。説明をもう少しなんとか工夫できなかったのかなあ。その点、イケコのナポさまは、さすがの処理がしてあった。

木村信司氏は、面白いものをつまらなくする名人なのか?
ヨーロッパで170万人を動員したらしいけれど、とてもそうは思えなかった。

DSC_0886.jpg


紅子の役作りがどうも中途半端に思える。
若い人は紅子が好きよねぇ。ツイッターでははまり役と言っている人がいるけれど、私はもっと面白くやれっ!と叱咤激励したい。

黒ミサは唐突。
そもそもしーらん(壱城あずさ)モンテスパン夫人が登場してから、ルイの愛人になるまでの経過がよくわからない。
しーらん、もっと色気を出せ〜!ダンスのステップが男役やん!
しーらんモンテスパンが、どの時点で黒ミサに手を出したくなるほどルイを一人占めにしたくなったのかが、「初めは遊びだった…」のセリフだけじゃ共感できない。まあ、ちえルイさまの素敵さにノックアウトされている私としては、わからないでもないんだけどね(笑

と、まずはダメだし。

ゆりか、見事に蝶になりましたね。歌もよいし、押し出しもよし。姿もよい。役のつかみ方もOK。
あんるも上手い。二人のシーンが緊張感があってよかった。

なによりも見事だったのが風ちゃん、りこ。素晴らしい。
ねねの陰で泣いていたのかもね〜。二人の場面は泣けました。

ゆりと、大変な大役、お疲れさま。じゅんこさんレベルを期待しちゃいけない。それなりにがんばってた。

ちえさま、ダメ男は似合わないなあ。女性遍歴の話だけれど、ぜんぜんエロっぽくない。やはり強いオトコが似合うのよね。でも、ロングヘアの太陽王は、とーっても素敵で目が離せなかった。客席降りで、前方通路側という素晴らしいお席で拝見していた私の傍らをお通りくださったものの、私は固まってしまった。
う、うつくしい・・・。

ナポさまと同じように、ちえさまと生徒たちの力技でなんとか成り立っている舞台だと思う。
ヅカの演出家は、生徒と、応援する客側に頼りすぎているような気がしてならない。

というわけで危惧したとおり、キムシン、やってくれましたね。
舞台展開が一つの設定を使い回すという点では、レディ・ベスと似ている。比べてみると、やはりイケコの方が圧倒的によい。イケてる。
イケコ、調子に乗っても、天狗になっても許す!(笑

DSC_0883.jpg
ラベル:宝塚歌劇
posted by Luna at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック