2007年04月30日

片品で合コン&合混 カッタシーナ・ライフ

GWはいかがお過ごしでしょうか。

アースデー東京の風土倶楽部ブースに参加してくれたキリヤマミッチャンのカタカタハウスをめざして、1年ぶりの片品村へ。
ハウスの様子、夜の飲み会&映画会、温泉、尾瀬ドーフ、花豆パン、三ヶ峰高原地区のみなさんとの再会などなど、目的テンコ盛りの旅となった。

s-2007_0429katakata0068.jpg

桜と梅が満開!東京より1ヶ月ほど遅い。2度目の初春。

でも、最大の目的は・・・

実は「GOKON in 片品」をやろうと春先に盛り上がった。
農村は、新しい出会いの場になりうると、これまた飲みながら、ヤケに盛り上がり、ならば私がヤリテババアになりましょうということになった。

農山村の跡継ぎのための合コンではなく、
単に出会いの場としての合コンをめざしたのであります。


で、蓋を開けてみたら、合コンならぬ「合混」で
老いも若きも、独り身も二人身も、地元も、村外もごっちゃごっちゃで楽しく盛り上がったというわけです。

s-2007_0429katakata0066.jpg

この後、続々と人が到着、出現。
映画会は、日本映画通のHさんのおかげで、
岡本太郎氏のデザインによる宇宙人が出てくる昭和31年大映制作の「宇宙人 東京にあらわる」でした。
老いも若きも楽しめるつっこみどころ満載で、「合混」に相応しいチョイスでした。

ミッチャンが朝、8時から地区内の「どーろあいご」があるというのでこれに参加。
お馴染みの菅沼地区の人たちに再会〜!

どうせ後で温泉に行くからと、ほとんどすっぴん状態の私。
なのに、懐かしい顔を見つけたら、思わず手を振っちゃったり、
うろうろしていたら、あちこちから、
「あれ!なんでいるの?」
「いつから、いるの?」なんて聞かれて、うれしいやら、
内心、「化粧をしておけばよかった。。。」と後悔。

そう、どーろあいごとは道路愛護のこと。
地区のみんなで道路を愛護しちゃう日なのだ。

s-2007_0429katakata0070.jpg

枯葉や泥がたまった側溝や道をシャベルや箒できれいにしてあげる。
みんなの道だもんね。

s-2007_0429katakata0077.jpg

s-2007_0429katakata0078.jpg

なんだかこの作業のときが一番合コンぽくて、おかしかった。
力を合わせて、作業をするっていいなあ。
すぐに友達になれるし。
個性もわかる。

s-2007_0429katakata0082.jpg

愛護が終わってから、りんご園で一休み。
来月中旬には、りんごの花見会をするとか。
楽しそ〜!

終わって、温泉で一風呂浴びてから、いよいよ遊楽木舎でランチパーティ。

s-2007_0429katakata0092.jpg

心地よい陽射しと風、おいしいお酒、完熟りんごジュース、採れたて野菜、そして、特性窯で焼いた最高のピザ!
ソースは、自家製バジルソースとトマトソース。
充分熱せられた窯にピザを入れたら、ほとんど瞬間に焼けていく。

s-2007_0429katakata0099.jpg

s-2007_0429katakata0104.jpg

その焼けたてをワイン片手にほおばる。
人生を愛するイタリアンならぬ、カッタシーナだ!とまた、みんなで盛り上がりました。
おまけに2日間、尾瀬ドーフの豆腐づくしという贅沢さ。

s-2007_0429katakata0098.jpg

相変わらず、話を聞けば、みんな、いろーんなことを考えていて、
また、それが一つの絵を織り成しているようでいて、そうでもない。
そこにミチコちゃんたちの外からの若い世代が入り乱れて、
ますますごった煮状態になりつつあって、
もう、目が離せないカッタシーナなんである。

千明社長が、相変わらず、目をキラキラ輝かせて語る「大白の里構想」も素敵だし、
いいなあ、片品って。

ねぇ、みなさんも、今度は一緒に行きませんか?

s-2007_0429katakata0107.jpg

千明社長から、好きなところに家を建ててよいとお許しをいただいた大白大豆の農場。

s-2007_0429katakata0055.jpg

内装に間伐材をうまく活用したミッチャンのカタカタハウス。

今回のイチオシご馳走様

s-2007_0429katakata0067.jpg

千明社長の奥様のよし子さんにミッチャンが教えてもらいながらつくったというガンモ。もちろん材料は尾瀬ドーフ。
ちょっと炙って、食べたら最高でした。
大豆って、本当に豊かな食文化を与えてくれます。

s-2007_0429katakata0059.jpg

そして、いつもの花豆パン。
しっとりやわらかなパン生地に、絶妙の甘煮巨大花豆がそのままごろごろ入った、魅惑のパン。
片品でしか食べられません。

ラベル:片品村 大豆
posted by 風土倶楽部 at 23:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 群馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最高の休日でしたねー、
いい人に会えて、いい空気があって、
いい食べ物があって、楽しく過ぎました。
一晩で、
カッタシーナのファンになりました。
今度は、誰か誘っていこう!

コーディネートしていただいた、
朝田さん、みっちゃん
ありがとうございました。
Posted by たにぐち けいじ at 2007年05月01日 11:20
たにぐちさんは、アウトドアの人だということを発見!
窯の火入れはお見事でした。
あのピザの味は当分忘れられそうにありません。
Posted by あさだ at 2007年05月01日 22:33
いきたーい!
独身なのでGOKONも4649です
Posted by もりち at 2007年05月02日 13:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック