2015年04月26日

宝塚星組 「黒豹のごとく/Dear DIAMOND!!」

DSC_3443.jpg

2週続けて前すぎて、舞台がカメラに収まらないお席・・・

なんて幸せなことだ。
ちえさまの飛び散る汗も、お口からの細かいダイアモンドのようなシャワーも、みんな目の前…

♡ ♡ ♡    

目線をこの目で追えるなんて、はあ、幸せ〜。

黒豹の進化は、紅子の進化とイコール状態だったのが、昨日はぴたっとあった!
今まで観劇した中で、一番よい出来だった、と思うVISA貸切公演でした。

紅子が、柴田先生に「もっとやれ〜」と言われてから、早2ヶ月半以上。
もうちょっと早くにここまで辿りついてよ〜。

アラルコン侯爵の欲望過多のごり押しが、ようやくはっきり見えてきた。
ねねカテリーナに迫るところも、おお〜!手に入れたいものはなんとしても手に入れる、と思いあがったオトコのいやらしさが出始めたではないか!

さゆみちゃんも、女の子だから、そりゃあすぐにここまでは辿りつけないよね。
毎回、さゆみ、今日こそ、行け〜!みたいな感じで、その進化度を楽しませていただいた。
進化していく生徒を見守る。これが宝塚的観劇の楽しさってやつなんだろうか。
母性本能欠如の私が、この年にして、ようやく味わうその感覚。

さゆみの進化度が深まったほかげで、先を行っていたちえさまのアントニオの苦悩が、とても浮かび上がってきた。
得体のしれない際限のない欲望に取りつかれた男であるアラルコン。それは時代に符号している欲望でもあり、だからこそ、時代に流されまいとするアントニオに漠然とした、でも、深刻な不安をもたらす。そのうえ、愛するカテリーナもが、その欲望の対象になってしまっている。

とはいえ、カディスの祭に呼び出す必然は、相変わらず?なままんだけど・・・
でも、祭のシーンは、どれもとっても好き。
生徒たちが、イキイキとした表情で踊る祭の熱気と、その中で翻弄される主役陣たち。

ところで、ポスターにある「きっと君を見つけ出す」は、この祭の中でのことなのね。
最初は、500年前のソルと姫の恋が成就せず、絶対見つけ出す、ということなのかと思ったけれど、オープニングで、すでにソルと姫は相思相愛っぽかった。いつの世も、愛するものをきっと見つけ出して、守る、そんな感じでとらえればいいのかな。

とにかくアントニオもソルも、ため息が出るほど、いえ、呼吸するのを忘れるほどにステキでございます。
ねねカテリーナとの息もぴったりで、二人のシーンは宝塚史に残るラブシーンだと思う。

ショーは、もうなにも言うことがない。

ドアボーイのちえさまと、銀橋から去るさゆみが入れ替わるとき、さゆみの投げキッスを口で受け止めたちえさまが、ぺっと吐き捨てる振りが思い切り笑えた。

DIAMOND Dinner Bのときに女装したしーらんは、ちえさまの耳元でないをささやいているのだろう。
みんな、やっぱりオンナだなあ。全員とっても美しい。

Dolce Vitaでは、さゆみが「ビザビザ」、ちえさまと真風が「すみとも」「みつい」と叫んでいて、笑えた。

初日のころは、なんとなく舞台も客席も涙目っぽかったのに、この2回は、とにかく楽しい気分にさせてもらえている。千秋楽まで、楽しんで駆け抜けていこうという気分があふれていて、本当に素晴らしい舞台になっている。最後まで、最高のものを全員で提供していこうというちえさまの心意気がひしひしと伝わってくる。
どこかでFor goodの瞬間を忘れていたいという気持ちが、お互いにあるのかも。

黒燕尾からデュエットダンスのシーンは、ますますこの世のものとは思えない美しさに昇華。
最後の日、最後の瞬間、どうなっちゃうんだろう。
舞台も、舞台裏も、客席も、そして、全国の映画館のスクリーンの前も。


posted by 風土倶楽部 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック