2007年05月15日

暮らしの学校首都圏分校 いよいよ開校です

先週末は蜜会2007を無事終了。
お天気がよかったので、国分寺のお鷹の道ハニーウォークはとっても気持ちがよかったです。
その様子は、LJ21主宰の東京はちみつクラブ「みつばちプロジェクト」のブログをご覧ください。
ちょうど「今週の私」で、今回の開催会場となったカフェ・スロー店長の間宮さんに先週担当していただき、こちらでもレポートをしていただいています。こちらも合わせてご覧ください。

s-2007_0512cafeslow0033.jpg

東京には、まだまだこんなところがあるんですね!

食べ物のこと、農業のこと、手仕事のこと、
知りたかったこと、学びたかったこと、
楽しみたかったことにみんなでトライ!
“本校”は、今も昔の暮らしが息づく日本各地の農山漁村です。
だから、ここ首都圏は「分校」です。
毎日を、日本を、もっと楽しむための暮らしの基本を学びます。

第1回目 5月27日(日) in 東京朝市・アースデーマーケット

会場は:SIBUYA@FUTURE/国立代々木競技場敷地内
東京朝市会場のけやき並木沿い

参加費:1講座 1000円(1ドリンク付き)

定 員:1講座30名

12:00〜13:00 
「農家と話そう!分かり合おう!しあわせなご縁づくり」
お話:伊藤志歩さん(やさい暮らし主宰 ベジタブルマイスター)
今の日本の農の現状を知り、持続可能な暮らしのためのヒントを農家から学びましょう!

13:15〜14:15 
「大豆レボリューション お豆が変えるあなたの暮らし」
お話:神澤則生さん(トージバ理事)

14:30〜15:30 
「みつばちが教えてくれる自然&ハニーウォーク「蜜源植物を探そう!in 代々木公園」
お話:藤原誠太さん(藤原養蜂場長、日本在来種みつばちの会会長)
はちみつは、みつばちからの贈り物。みつばちの視点から、自然を眺めてみませんか?

参加のお申込みはこちらへ。localj*cds.ne.jp
(*の部分を@に変えてくださいね)
当日のお申込みは、東京朝市内事務局まで。

上記に加えて、日本自然保護協会による「食と生物多様性」についてのお話も企画中です。

学んだことを各地の本校で実体験します!
農作業あり、味噌などの保存食や自然素材を使った雑貨の手づくりあり・・・いつかやってみたいと思っていたことをどんどん実現していきます。
ラベル:みつばち
posted by 風土倶楽部 at 21:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 主催イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
首都圏じゃなくて、東京分校になりそうです。検討中。いっつも走りながら検討中。
Posted by あさだ at 2007年05月18日 00:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック