2015年05月29日

宝塚歌劇団 雪組公演「アルカポネ」

赤坂のネオンに彩られたビルの谷間に浮かび上がる“だいもんアルカポネ”

えー感じやん

DSC_3729.jpg

安定のだいもん(望海風斗)だから、期待しつつも、グスタフであれ?!だった原田さん脚本・演出だから、一抹の不安も抱え、観劇に臨んだ。

だいもんの歌唱力にただひたすら圧倒された。

す、すごい・・・

すばらしい・・・

鳥肌もんでした。

ルパン3世とファンシーガイのときは、上手いなあとは思ったけれど、ここまでとは。。。
劇団の隠し玉か・・・って、ぜんぜん隠しているわけではないけどね(笑

アルカポネなんて、難しい題材をあえて取り上げる宝塚は、相変わらず面白いなあ。
なにを取り上げても、激しい主張があるわけではなく、ちょぴっと厳しい社会の断面を見せつつも、愛と夢の世界が展開される。そのバランスの配分が絶妙。
主義主張を楽しむのではなく、ジェンヌたちのがんばり具合を愛でるのが正しい宝塚的観劇だというのが最近、ようやくわかってきた。
今回の原田さんのストーリー展開、舞台展開、どれも◎!
なにより組子たちの使い方が、それぞれ際立つようになっていて、とてもうまい。
これこそがタカラヅカなんよね。

大きなウィスキーの樽を配した舞台は、見事に1920年代のアメリカの空気感を漂わせ、スーツに身を包んだ男役たちがイキイキと動いていた。
私の御贔屓のひとこちゃん(永久輝せあ)が、なんと1曲歌わせてもらっていて、ヅカオタ的には大変満足。
れいこちゃん(月城かなと)は、だいもんの向こうを張るエリオット・ネス。
ちゃんとがっつりお芝居できているやん!
ラストのセリフ、「私の親友だ」も、なかなか決まっていた。

雪組は、だいもんはじめ美しい男役がたくさんいて、大変よろしい。
おばさんは、きれいな女の子が大好き。あ、オジサンもか(笑

人殺しもするアルカポネ、家族やファミリーを大切にするアルカポネ、商才に富み、頭のよいアルカポネ、
イタリア移民というアメリカ社会の底辺から這い上がるために清濁合わせて飲み込んで生き抜いた男の話を、きれいな女たちが男くさくやるなんてタカラヅカだねぇ。
だいもんが、歌のパワーで全体をまとめあげ、緊張感の持続した舞台をつくっているから、組子たちも、のびのびとやれている。

だいもん、あなたの世は近いね。
まさにラストのアルカポネへの言葉をそのまま贈ろう。
「世界はあなたのものだ!」(だっけ?)
大劇場の銀橋にトップとして立つだいもんが楽しみだ。

会場には、プリンス・オブ・ブロードウェイのチラシがあちこちに。

DSC_3725.jpg

DSC_3727.jpg

ちえさまは、今ごろ、英語と発声法とダンスのレッスンに明け暮れておられるのでしょうか。
どんな新しいちえさまにお会いできるのか、10月までドキドキだわーん♡


posted by 風土倶楽部 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック