2015年08月14日

宝塚大劇場 雪組「星逢一夜」「ラ・エスメラルダ」とバウホール「オイディプス王」

雪組「星逢一夜」「ラ・エスメラルダ」


ヅカ友たちが、ハンカチが必要と言っていたので、バックからすぐに取り出せるようにしていたんだけれど、私は泣かなかった。
でも、しっとりしたとてもよい作品だった。
「月雲の皇子」も、ついリピートしてしまった上田久美子さんの作品は、今後も期待しちゃうなあ。
歴史の事象をうまく取り入れて、人間の生きざまを重ね合わせた深い内容の作品だった。

ちぎちゃん(早霧せいな)、みゆちゃん(咲妃みゆ)、だいもん(望海風斗)の3人の息の合ったお芝居は、安心して物語に身をゆだねられる。子ども時代、青年時代、そして、それぞれの重荷を背負った壮年時代へと鮮やかに演じ分けている。3人とも役者やのう…

脇では、やはりじゅんこさん(英真なおき)の吉宗が物語の要となっていて、素晴らしい!
演出も、星見の櫓がうまく使われていたり、星まつりの美しさが悲しい物語に華やかさを添えていたりと、緩急がつけられていて、とても楽しめた。というわけで、お芝居は、和ものの雪組の面目躍如だった。

DSC_4207.jpg

ショーの方は悪くないんだけど・・・単調。
真夏のショーらしくてラテンな感じはよく出ているんだけれど、「エスメラルダ」の連呼、連呼、連呼で、もうわかったよ〜と言いたくなる。
ものすごくパワフルに頑張っているんだけれど、この単調さはどうよ・・・
エスメラルダって、エメラルドのことなのね。だから、なんとなくカメレオン色だったわけか。

まあ、私は、ひとこちゃん(永久輝せあ)を見ることが最大の目的だったので、番手も確実に上がり、見せ場もちょこちょこ設けられるようになっていて、大変満足でございました。
美しい〜!

雪組は、3番手以降がひしめき合っていて、かなり混戦のように見えるのは私だけか?
2列目観劇だったから、目の前でほぼ誰が誰か確認できたから?

星組が星組でなくなった今、雪組が一番好きだわ〜。


専科「オイディプス王」

悲劇、なのよねぇ。どうしようもない悲劇。
オイディプスコンプレックスの語源になったギリシャ悲劇。
深層心理として男は父を殺し、母とむつみあい、娘と共に歩み、最後に神になるという願望があるらしく、ならば、オイディプスはすべて満たした幸せな男なのかも、と、ちょっと思ってしまった。いろいろなことに目さえつぶれば、ね。

アポロンのご神託にすべて委ねる人間たち。
もともとそんな神託を聞かずに手元でオイディプスを育てていれば、こんな悲劇はおきなかった。なにかにすべてをゆだねてしまうことは、恐ろしいことだ。
でも、そこまで踏み込めているかといえば、ちょっと弱いかなあ。演劇の圧倒的パワーを感じさせないと、これだけの悲劇をねじ伏せることはできない。宝塚は、相変わらずチャレンジングだなあ。オイディプスは、運命にもてあそばれた哀れな男にしか見えないんだけど、この悲劇の芝居はそれでいいのか?
小柳さんだから、わかりやすくまとめられていたけれど、胸に迫るものがなかった。

途中、オイディプスが当のその人と本人に判明する直前に1分ほど寝落ち。
かちゃ(凪七 瑠海)は、やはり女役のほうがいいと思うけどなあ。
ドレスがとってもステキ!
オイディプスの母親ということは、年齢差は少なくみても18歳ぐらいの年上女ということ?
18歳で息子が帰ってきたとして、18歳ぐらいで産んだとして、36歳。それから、息子と娘2人を生んだ?・・・と、思わず計算しちゃいましたよ(笑

とど様(轟 悠)は、安定の演技だったけれど、もう男にしか見えない。こういう男役の極め方もあるんだなあ。ちょっと滑舌が悪いところがあって、セリフが聞き取りにくいところがあった。
巫女役の憧花ゆりの、クレオンの華形ひかるが、とてもセリフがはっきりしていて、人物造形もわかりやすかった。

DSC_4214.jpg

この階段を降りるたびに、3月7日のちえさま大劇場ラストデイを思い出してしまう。
冷たい雨の降る日だったなあ…と。
もうすぐあれから半年。「もう」なのか、「まだ」なのか…
そして、10月23日まで、あと2か月!もう2か月なのだ!

ラベル:宝塚歌劇
posted by Luna at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック