2007年05月21日

女のマーケティング

s-2007_0521ehime0023.jpg

さて、ここはどこでしょう。

「里山ショップ」in 農舞台 @新潟県十日町まつだい駅徒歩1分です。

s-2007_0521ehime0009.jpg

おしゃれな店内にマッチしたかわいいお菓子が並びます。

s-2007_0521ehime0013.jpg

館内も、外も、アートしています。

s-2007_0521ehime0020.jpg

でも、私にとって最高のアートはこの風景でした。

s-2007_0521ehime0045.jpg

館内では、地元の女性たちによるとってもおいしい食事をとることができます。
ごはんと、おかずのバランスがよくて、残さずきれいにいただきました。

s-2007_0521ehime0018.jpg

あいにくの雨で寒かったのに、ものともせず、素足で田植え中の日本再発見塾+里山学会に参加した方々。

s-2007_0521ehime0054.jpg

みなさん、エライ!
って、私は。。。この後、愛媛に向かうために泣く泣く棚田を後にしたのでした。

私は、里山学会で「都市から食をみなおす」をお話しさせていただきました。
「女のマーケティング」と喝破した方がおられて脱帽。
地元学も、LJ21の活動の根底に流れるものも、すごーく手短に言えば、ポジティブで良質なマザコン(わかる人には納得してもらえるはず)だと思っています。

そういえば、2005年1月に出店したニッポン食育フェアの終了時に会場で師匠に
「こういう丁寧なことって、女にしかできないよな」とお褒め(褒め言葉ととらせていただきました)の言葉をいただき、とてもうれしかったことを思い出しました。

これからも、いい意味で女感覚を大切にしたいと思った次第です。
常は、丁寧でも、女っぽくもないんですけれど。

s-2007_0521ehime0066.jpg

田んぼの海に漂う廃校。
もうすぐ中身だけ生まれ変わる予定だとか。


ラベル:
posted by 風土倶楽部 at 23:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうです。女感覚って、とっても大事だと思います。
Posted by yagi at 2007年05月25日 07:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック