2015年10月14日

こまつ座「十一匹のネコ」

紀伊国屋サザンシアターで井上ひさし作「十一匹のネコ」を観劇。
11匹の猫のパワーに押し切られた2時間半だった。
それぞれの猫が個性的に描かれているだけでなく、役者がちゃんとそれぞれを表現できているので、11匹の中に埋もれてしまう猫が1匹もおらず、それがこの公演の一番の面白いところだった。
空間を隅から隅まで使い切った演出が、舞台の上だけでなく、客席も含めた世界観を構築できていて、物語の中に浸れたからか、眠くならなかった(笑

物語はつまんないんだけどね・・・なのに眠くならず。
役者の方たち、尊敬します。

北村有起哉さんは、以前、M&Oplaysプロデュース「鎌塚氏、振り下ろす」を観たときは、イマイチのりの悪い人に思えたんだけど、今回は、ものすごい勢いで全員をひっぱっていてパワフル。まるで別人。身のこなしが軽く、普段から、かなり鍛えている人なんだろうか…

11匹目の猫の山内さんの個性が光っていた。そういう役なんだろうけれど、はみ出しものの存在が物語を深めていた。

しかし、この内容、イマイチよくわからないなあ。
「大人の中の子どもと子どもの中の大人に捧げるミュージカル」と銘打っているが、大人の中の子どもに語りかけるには、宝塚を見慣れている私には夢々しいファンタジーが足りないし、子どもの中の大人に語りかけるには、ちょっと難しい部分が多い。たとえば、シェイクスピアの全作品を歌詞にしてにゃん太郎が歌うけれど、子どもがあの歌を聞かされてもわからないだろう。ベトナム戦争に行くのを拒否しようとする米軍兵の飼い主の話も。
若者はゴーゴーをする、というセリフにゴーゴーのダンスを入れていたけれど、あれも古すぎて、わからないよ〜。全体にセリフが昭和なんだもん。手直しするわけにはいかないのかなあ。
「人民の敵」は100年以上前に書かれたものなのに、まったく古さを感じなかった。多少設定を変えている部分もあったけれど。

以下、ネタばれ。これから観る人はご注意を。


なんだか中途半端な話で、一番「はあ?」となったのがラスト。
ネコ王国の繁栄を素直に喜ばないにゃん太郎の最後がまったく唐突。
暗い闇が…とか言っているにゃん太郎は理想主義のインテリ猫。結局、清濁併せ飲むことができなかったということなんだろうか。でも、1幕の途中でダイコンを盗んでいたもんなあ…(笑

井上ひさしの作品は、時々、「?」な左系な批判が入ってきて、私はそれがどうも好きになれない部分だ。「生涯追い求めたユートピアの原点がここに!」とチラシにあるけれど、原点ねぇ…彼のめざしたユートピアとはなんだったんだろう。
猫だからこそ、人間とは違うユートピアができたのでは?猫は、結局、飼い主たちの生き方をトレースするしかできないのか?空腹の日本人が、夢を追いかけて辿りついた今の日本は、なんだんだ!?と言いたい?でも、それじゃあ、ファンタジーにはならない。子どもには夢を見てもらわないと〜。
にゃん太郎が、猫の王国の繁栄を喜びながら釣りをして、メダカを釣り上げる。今回は一人で1匹をじっくり味わい、うまいなあ…とかつぶやいて終わってほしかったなあ。

おじさんの猫たちは、みんな、愛すべき猫だったけれど、演奏を一人ですべてこなした荻野清子さん。
とーっても素敵だった。

posted by 風土倶楽部 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック