2015年12月24日

「スターウォーズ/フォースの覚醒」

好奇心抑えがたく、ド・センターで「スターウォーズ(SW)フォースの覚醒」をMX4Dで体験してみた。

Fotor_145069053127775.jpg


Fotor_145069041741563.jpg


結論として、普通の3Dで十分だと思う。

椅子が激しく揺れたり、傾いたり、風があちこちから吹いてきたり、背中をどつかれたり、はてはなにやらきな臭い香りまで顔に吹き付けられ…なにかと忙しい。途中で、落ち着いて見せてくれよ、と思ってしまった。
内容と関係ないところで背中をつつかれてもなあ…。
ずーっとイスが動いたり、風が吹いたりしなくても、例えば、攻撃するときに特定のパイロットの体験がそのままこちらに伝わってくる、といったような工夫はできないのかしら。画面は動きまくるけれど、どの視点でMXが反応しているのかがわからないままだから、臨場感に欠けるのだと思う。

本編が始まる前に高速道路を疾走する車の中にいるような瞬間があるんだけれど、そのときが一番おお!と思ったくらいで、あとは本編のいつものオープニングの文字が宇宙に飛んでいくあのシーンが、3Dだ〜と思ったくらい。
技術的な革新はたいしたことあらへんな〜、という感じだった。

作品の内容は…数か所うるうるしたけれど、それはつい70代のハン・ソロとレイア姫の表情を見ていると、こちらの人生と重ね合わせてしまうからで、作品の内容ではない。
全体にWをなぞったようなストーリーで新味はなし。

以下、ネタばれあり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

またしてもデス・スターが同じように星を破壊したり、デス・スターの中に侵入したり…既視感たっぷり。
わざとそうしているのか?

W−Yを見ていれば、あ、それね、みたいな符丁があるので一応楽しめるけど…でも、なにか物足りない。
あまりにも物語がなぞられすぎていて、せっかくYで平和を取り戻した銀河の世界が、なぜ、まったく同じような帝国をまた許してしまっているのかが解せないままに、レン、レイ、フィンという新しいキャラクターが登場。
フォースの暗黒面の代表格のカイロ・レンが、さっさと仮面を外してしまうのも、どうよ。
まだ、悩み中のダースベーダーで、父親殺しを実行して、本物のダースベーダーUになろうとしているらしいけれど、そのあたりの心理描写と背景が語られないから、ハラハラ感がない。
できれば、もうちょっと美しい凄みのある役者を使ってほしかったなあ。ハン・ソロとレイアの息子という設定にも、かなり白けた。ずーっとそれやん!親子関係のぐちょぐちょに翻弄される銀河帝国なのだ。君たちに反省はないのか!(笑 と思わずつっこみたくなる。
デス・スターが集めた太陽エネルギーで破壊される星は、ええ迷惑や。

ポーは、どうやって墜落から逃れられたのか語られずに突如、再登場するのも、あまりにマンガ的。
いくらええ加減な話でも、もう少し辻褄を合わせてくれ〜。
ポー役のオスカー・アイザックは「ギリシャに消えた嘘」に出ていた人ね。こんなところで再会するとは思わなかった(笑

新味としては、女性と黒人のメインキャラの登場なんだろうけれど、二人とも、イマイチ魅力に欠ける。
ハン・ソロのような色気があるわけでもないし、レイア姫のような鮮烈なリーダーシップがあるわけでもない。
まあ、これから[に向けて成長していくキャラなんだろうけれど…
[、見るかなあ・・・自信ない(笑
今回の新キャラの中では、BB-8がナンバー1!とーってもかわいかったので、BB-8を主人公にして1本作ってほしい。

Xを見たときの衝撃が忘れられず、ついSWが公開されると足を運んでしまうけれど、その後はずーっと裏切られ続けている。Xのエンドロールをみた後、席を立つことができず、当時、入れ替えがなかったから、そのまま2回目を見てしまった。今まで、席を立てなかったのは「風と共に去りぬ」と、「スターウォーズ 帝国の逆襲」(X)の2本だけなのに〜。

MX4Dを体験したあと、普通の3Dでもみようかと思っていたのだけれど、2回観る気にはなれないなあ。

posted by 風土倶楽部 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック