2016年01月03日

梅田芸術劇場「CHICAGO」千秋楽

明けまして おめでとうございます。
昨年は、ちえさまに明け、ちえさまに暮れた1年だった。
12月28日にREON JACKの抽選結果が出て、まあ、そこそこよいお席を数回分ゲットできたので、落ち着いた年末年始を迎えることができた(笑
また、今年も、ちえさまがたくさん見られますように💛

昨年のラストは27日の「CHICAGO」千秋楽。
「マッサン」のシャーロット・ケイト・フォックスがロキシーで、湖月わたるさんがヴェルマ役。
わたるさんは全編英語でがんばっていた。
英語というだけで尊敬しちゃう。

が、公演そのものは…

物足りなかった。

POBを観ちゃったからね〜。

あのレベルにあれだけ浸ってしまった後だから…ねぇ。

レベルの差は埋めようがなく・・・
私の「つまらない」バロメーターである眠気が襲ってきてしまった。
前列センターという最高の席なのに、眠気が〜!

圧倒的なものがまったくない。
POBは、内容を知らないミュージカルのわけのわからないシーンが数か所あったのだけれど、それでも眠気は影を潜め、毎回、パフォーマンスにうならせられた。

シャーロットは、まだまだ舞台人としてはメリハリができていないためか、アピールしてくるものがない。
かわいいんだけれど、小粒な小悪魔なのだ。
まだまだ修行を積まないとねぇ。

一緒に観た友人いわく、ヅカOGだけの「CHICAGO」の方が迫力があったとのこと。

POBのおかげで目と耳が肥えちゃった。

posted by 風土倶楽部 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック