2016年01月07日

宝塚大劇場 宙組「シェイクスピア」「HOT EYES」

お正月にヤフーのサイトで「おみくじ」というのがチカチカしていたから、クリックしたら、神社のサイトにでも行くのかと思ったら、いきなり「大凶」なんていうのが出てきて、びっくりぽん!やった。
もう一回やってみても「凶」
やだな〜。もうヤフーなんて大嫌いだ。

とはいえ、年末にはREON JACKのよいお席がいくつか当選し、むふふ・・・
3月から4月までは、張り切って生きていけそう。

今年の初観劇は、宝塚大劇場の宙組『Shakespeare 〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜』と「HOT EYES」
よいお天気!

DSC_5038.jpg


DSC_5040.jpg


宙組って、こんなに目がたくさん必要な組だっけ?
「王家に捧ぐ歌」もとってもよかったけれど、あの作品は、限られた役しか目立たない。
今回は、いろいろな組子たちが次々に登場してくるので、とっても忙しい。ショーは特にね。

DSC_5042.jpg


シェイクスピアの方は、出だしのグローブ座でのロミオとジュリエットの公演のあたりはワクワクした。
でも、回想シーンになってくると、なんとなく先が見えちゃって…中盤の妻になったアンとのごたごたあたりから、眠気が〜。
というわけで、お芝居の方の感想は書けない…(笑
私的には、最後の大団円の部分が、ちと納得いかないんだけれど、私の隣の人も、斜め前の人も、ハンカチを出して泣いていたので、そこそこよかったみたい。

こまさん(沙央 くらま)と美穂圭子さんが、さすが専科。きちんとポイントを押さえていて、安心して観ていられた。
まーさま(朝夏まなと)は歌がうまいし、キャラクター造形がさわやかなので気持ちがいい。
その分、ラダメスとシェイクスピアが同じ人に思えちゃうけどね。ちょっと猫背気味なのが気になる。
みりおん(実咲 凜音)は、相変わらず幸せそうで、イキイキしていた。

私は、ショーの方がお気に入りで、また観たくなった。
ラスト近くの黄金の背景が、「あ、ディア・ダイアモンドや〜」とちょっとうれしかったりなんかして。。。

うらら(伶美 うらら)のたこ足ドレスのお尻の大きさ、
ひかるちゃん(愛月ひかる)のショート金髪、
くらまの色気(けっこう好きかも)、
美穂さんの安定さ、
トップコンビの幸せ度、
まーさまの美しい品のよいソロダンス(やっぱりトップはこうでなくっちゃ)、
ずんちゃん(桜木 みなと)たち若手のきらめき、
真風の2番手というよりも、1・5番手扱いぐらいなアゲアゲ度、など、大変楽しませていただきました。

宙組、ええやん。
1年前とえらい違いだ…

この日は、ことちゃんとせおっちがご観劇。同じ列で、ちょっと興奮した(笑

posted by 風土倶楽部 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック