2016年01月20日

AiiA 2.5 Theatre「神様はじめました」

2.5次元ミュージカルって、どんなもんなん?と、またまた好奇心抑えがたく、公演中の「神様はじめました」に行ってみた。
昨年11月に「劇場都市渋谷」なるシンポジウムに行って、社長の話を聞いたので、以来、好奇心が募っていたのだ。

1次元のマンガを2次元化してアニメにするだけで飽き足らなくなった人間は、いったいどこへ向かおうとしているのか
派手にプロジェクション・マッピングでも使われているのか、と思いきや、かなりアナログだった(笑 
すなわち役者のパワーと技術で2.5次元化していたのだ。

これはかなり意外だった。

オープニングの全員揃っての歌とダンスでなんとなく作品のイメージをまず観客に植え付けるやり方は、宝塚と同じ。

ただ、歌が…歌が〜!

最初から不協和音だらけで、絶対音感なんてまったくない私でも、あらら〜、あらあら…状態で、これから始まる公演にかなり不安をいただいてしまった。
ダンスは、女性の中にピルエットができる子がいたりするのだけれど、全体にバラバラ。
歌とダンスのレベルは、もっと上げないとなあ。

マンガを人間がやるというのは、もともと荒唐無稽な話なんだし、かなりのパワーと技術を要する。
そういう点では、けっこう成功していると思った。
原作をまったく知らずに見たのだけれど、この物語のお約束事の解説をきちんと入れてくれるので、世界観に浸ることはできた。

印象としては、吉本新喜劇や漫才のコントの連続のような感じ。その間にちょこっと歌とダンスが入る。殺陣もある。
途中でゲスト出演の女優が出てきて、現実に戻ったやりとりをするあたりは、まさにその印象を裏付けるもので、まあ、要するにマンガの世界を楽しく遊ぼう、みたいな感じだと思えばよいのかな。

日本人って、マンガが本当に好きなんだなあ…。
この楽しみ方は、コスプレにもみられるように日本が生み出した新しい文化なんでしょうね。

この原作も、女子高生が地域の氏神さまになっちゃうという奇想天外なもの。よく考えるよなあ〜。
そこにちゃんと恋や友情がからんじゃう。
宝塚の愛と夢(Love & Dream ラブドリ)と同じ。こういうアプローチは日本にしかないのかも。
2時間半ほど、なーんも考えず、ただ、マンガの世界に浸りきる。
なら、アニメでええやん、とも思うけれど、人間がやっているから、もっとリアルに感じられる、のかも。
観客の中にはペンライトを持っている人もいて、舞台と一緒に盛り上がっていた。
全体的に観客層は若い。当然か(笑

役者は、そこそここなれている人が多く、発声は明瞭で聞きやすかった。
イケメン担当の八神蓮くんと南圭介くん。すごく若い人に見えたけれど、30歳なのね。
南くん、もう少し腰回りのダイエットをプリーズ。中年太りが始まっていたのか…。
樋口裕太くんは、声が通りやすく、歌もお上手。
平山佳延くんは熱いねぇ。かなりいい加減な脚本でドタバタ劇なのに、4人のからみが分裂せずに、ちゃんとシーンが成り立っていた。ちょっとしつこいけど(笑

主演女優の寺島咲は、マンガのイメージ通りなんだろうなあ。個性があるようなないような…無色透明なキャラ。そのためほかの登場人物がわかりやすくなる。はっきりした輪郭がない役者なのか、そういうキャラなのか、ちょっと気になった。マンガの主人公、特に女子高生の設定なんて、どれも似たり寄ったりだから?
鳴神役の奥村麻琴は、挨拶で自分とまったく違うキャラなので、楽しんでやっていますとのことだったけれど、もっともっと楽しんでいいと思う。こんな雷を飛ばしまくる役なんて、そうないよ。もうちょっとパワーがあってもいい。

それぞれのしもべを担当している役者たちの間合いも、セリフも、とてもこなれていて、頑張っている。

ここから、新しいなにかが生まれつつあるのかなあ。
これがマイナーなままで終わるのか、新しい潮流になるのか・・・
1回観たかぎりでは、6:4の割りで、このまま渋谷の片隅という印象。
なにが足りないのか・・・

やっぱりミュージカルと謳うのなら、歌とダンス、かな。
歌を聴かせるところは、きっちり聴かせてほしい。
ダンスを見せるところは、きっちり見せてほしい。
そこがおざなりになると、結局、コントの連続にしか見えなくなると思う。
2.5次元の数字が、あくまでも立体化したという意味であってほしい。

posted by 風土倶楽部 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック