2016年05月24日

梅田芸術劇場「1789」

DSC_0531.jpg

すごーくよかった。

5列目だと思って行ったら、この公演は4列目が最前列なので、2列目だった。
さすがに役者さんたちの表情までよくわかり、迫力があって、とても堪能できた。

どこらあたりの席で観るかによって、印象はかなり違うのよね〜。

目の輝きなんて、やはり前方席でないとわからない。
オペラで観るには、全員を追いかけるわけにもいかず・・・

目の輝きが一番強かったのは・・・なんとねねななちゃん。
ななちゃんの演技、好きだわ〜。意思の強い、とても賢くて、気持ちのやさしいオランプ像が明確で、ロナンとの愛にかけていく様子が伝わってきた。

加藤くんのロナンは、東京では、虐げられた民衆のエネルギーの爆発が感じられなかったのだけれど、今回は、とてもパワフルで、まるで別人のようだった。

そのため、作品全体がとても引き締まって、ロナンの思いと一緒に1789年を駆け抜けていけた。

花総まりさんのアントワネットは、もうアントワネットそのもので、気品に満ち溢れ、ハプスブルク家のお姫さまが一人の王妃として成長するさまが見事だった。

ようやくロベスピエール、ダントン、デムーランの3人の違いがはっきりわかった!(笑
みなさん、イケメンやね。

そして、デムーランの恋人リュシル・・・
なんと夢華あみちゃんじゃないですか!
後方席のときは、とてもそこまで目が行かずわからなかったのだった。

則松亜海と改名しての出演。
さすがに音楽学校首席卒業で、あれだけ大抜擢された人だけあって、かなり目立っていた。
スカーレット・ピンパーネルでは、マリー役に抜擢されているようで、これから楽しみだわん。

ソニンの歌唱力に今回も、うっとり。すごい歌唱力だ。

東京公演よりも、やはり回を重ねて舞台が進化したのかしら。
今回は、月組を入れて3回目にしてラストで泣いた…

そして、自由と平等を歌い上げるラストシーンの、ななちゃんのロナンを失った心の痛みとその意思を継ごうとする力強い目線が、一番印象的だった。

でも、時折、傍らの和樹ロナンをちえさまロナンに置き換えて妄想したりしながら、観ていたんだけどね…
ステキだろうな〜っと。
最近、ちえさま男役欠乏症なの。

それにしても、宝塚じゃない舞台は、本当にぶっちゅぶっちゅとキスしちゃうのがどうも苦手。
日本は、人前であまりしない行為だから違和感があるのかしら。
キスって、どうもダメだ。ばっちいと思っちゃうから。

宝塚方式のラブシーンが、やっぱり好きだ。

DSC_0534.jpg

徹平くんのロナンも、観てみたかったな〜。

posted by 風土倶楽部 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438226110
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック