2016年08月21日

衝撃的な「シン・ゴジラ」

「シン・ゴジラ」、すごい映画だ!
怪獣映画だと思ったら大間違い。
社会風刺の映画なのだ。

だから、子供向きではない。
たぶん見てもわからない。子どもにはつまらない映画だと思う。

冒頭、海が沸騰し、なにが起こっているかわからないところから、完全に引き込まれた。
ゴジラに、ではなく、人間たちのドタバタぶりに、だ。

3.11直後の日本政府は、これ以上にドタバタだったんだろうなあ。

この映画のすごいところは、ゴジラに一切の感情移入を観客にさせないところにある。
目玉をむき出しにしたまったく可愛げのかけらもない生物として描くことで、「敵」というのもに対処するとはどういうことかが鮮明になる。

国を守るとは、防衛とは、外交とは、組織とは…が次々に突き付けられていく。
ものすごくよく練られた展開で、見ている間中、なぜかワクワクしてしまった。

このワクワク感はなんなのかしら。

ひえ〜、面白いやん!!!
これこれ、こういう映画を待っていたのよ!
と拍手喝さいしたい気分だった。
ある種のシミュレーション感満載。隣のアホな国とか、広大な領地を持っているのにもっと欲しがる大国とか、仮想敵には困らないもんね。

人間の罪業を一身に背負ったゴジラが醜いのは当然。
あれは人間そのものなのだ。

星新一のショート・ショートに、大きな穴が発見され、どこまで深いかわからないほど。そこに人々がいろいろなものを投げ込むようになった。巨大な底知れないゴミ捨て場だ。ある日、空から、ゴミがポツンと落ちてくる。ふと、あのショート・ショートを思い出した。

やしおり作戦なんて、突然言うから、「なに?それ?」と。
観客は、みんなわかっているのか?
スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治するときに飲ませた酒のことだそうで・・・

どこまでも日本にこだわった、日本への愛にあふれた映画だ。
もし、若くしてみたら、自衛隊に行かねば!と思ったかもしれない。
が、かなり組織論的なアプローチが多いから、子どもにはわかんないかもなあ〜。

早く無人の飛行機をたくさん作っておかないとね〜。
ゴジラより、手ごわい敵が日本の回りにはたくさんいるから。

私のお気に入りは、石原さとみちゃんの米国大統領特使。
さとみちゃんも、いつの間にか三十路近くなって、妖艶になってきたのね。
英語をがんばっていて、よくやった!

ネイティブの日本語のできる女優がやればよかったという意見もあるけれど、やはりここはさとみちゃんで。
祖母が広島出身という設定が泣かせる。
オリンピックをみていると、国籍がずいぶん曖昧になってきつつあると実感。
愛ゆえにいろいろな人種がミックスされて、生まれた場所、育った場所、そこで出会った人々に支えられて、その国の一員として最善を尽くす。

さとみちゃんの役どころは、なかなか意味深だと思う。
ラストは、シン・ゴジラ2を予感させる終わり方になっているから、次回は大統領にさとみちゃん、日本の総理に長谷川くんがなっている状況というのがありかも。いや、ぜひ、それでお願いします!(笑
謎の博士も、そのままだしね。まるでポケモンの「博士に送る」の博士みたいだ。

庵野さんという人も、エヴァンゲリオンも、まったく知らないばあやですが、これはエヴァなるものを見なくっちゃと思った。
若い人が、こういう視点を持った人が作ったものに深く心を寄せているというところをきちんと理解していないと、本当の日本の行く末がわからないから。

シン・ゴジラで、ゴジラトークしながら、国防や、自衛隊について語る、っていいなあ。
でも、セリフがものすごく早くて、ついていくのが大変だったから、もう一度観ないとなあ・・・

これって、戦略?



posted by 風土倶楽部 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 極私的観賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック